イチイ

ザ・レッド・チャペルのイチイのレビュー・感想・評価

ザ・レッド・チャペル(2009年製作の映画)
2.0
文化交流事業と偽って北朝鮮に入り込み、プロパガンダに利用されるのを逆手にとって、独裁支配と体制に従順に従う国民の共犯関係を告発しようとする潜入ドキュメンタリー。

とにかく仕掛ける側も北朝鮮側もあまりに杜撰すぎて、まともに受け止めていいのかわからず困惑しながら観た。プロパガンダに利用しようとする北朝鮮も酷いのはもちろんだが、北朝鮮=絶対悪という自らの観念を客観視しようともしない監督はもっと酷い。

出入り禁止になったのを売りにしてるけど、それがほんとならこの嘘のせいで北朝鮮側の出演者は何人も強制収容所に送られたり、処刑されたりしているのでは。ドキュメンタリー作家としての倫理性に疑義がある。

両者の一番の犠牲者である、脳性麻痺を持つヤコブが、せっかく両者の欺瞞を告発しているのにほぼスルーなのももったいない。監督がひとり語りせず、ヤコブの言葉をきちんと写しとれば北朝鮮の独善的体制の醜さをもっとはっきりと可視化できたのでは。
※誤字修正しました。