ほしママ

ザ・レッド・チャペルのほしママのレビュー・感想・評価

ザ・レッド・チャペル(2009年製作の映画)
4.0
ドキュメンタリー監督マッツは
韓国系デンマーク人のコメディアン
シモン、ヤコブのふたりを伴い
北朝鮮の素を暴くための
潜入取材を敢行する。

名目は、共に舞台に立つ異文化交流。
ところが、ふたりが披露する予定の
コントの持ちネタを、朝鮮人演出家に
どんどん変更させられてしまう。

天才少年少女、美人女優たち。
語学堪能な才女のみしか
表に出てこない朝鮮側。

脳性麻痺の後遺障がいをもつ
ヤコブは、障がい者役をする
健常者として、舞台に立つ事を
要求される羽目になり
シモンと言えば、正に
プロパガンダに取り込まれ
舞台で、朝鮮を讃えるコール。

何とか闇の部分を暴こうと
相手に迎合し、ふたりに何でも
やらせようとするマッツに
だんだんイライラさせられ
最後は、何が何だか~

案内係の女性が見せた情は
演技には見えなかったけど
あの方のその後が心配です。

シュールで、監督が悪者に
徹しているのが、エンタメ要素に
なっていて、結構ニタニタ。
面白がってしまったけど
意図してるものと違うな、きっと。