親密さの作品情報・感想・評価

親密さ2012年製作の映画)

上映日:2013年05月25日

製作国:

上映時間:255分

あらすじ

「親密さ」に投稿された感想・評価

菩薩

菩薩の感想・評価

5.0
私は貴方ではなく、貴方は私ではない。

私は貴方の為に生まれて来たのではないし、
生きているわけでもなく、
貴方は私の為に生まれた来たのではないし、
生きているわけではない。

だから私が思う貴方は貴方ではないし、貴方が思う私は私ではない。

でもそもそも私は私ではないし、
貴方は貴方でもないかもしれない。

私には私の世界があり、
貴方には貴方の世界があり、
私には私の世界のルールがあり、
貴方には貴方の世界のルールがある。

でも私は貴方になりたいと思うし、
貴方にも私になって欲しいと願ってしまう。
私は貴方になれないし、
貴方は私にはなれないと分かっていながら。

私は一人で生きていく事が出来る。
貴方は一人で生きていく事が出来る。
でも私は一人で生きていくのは寂しい。
貴方は一人で生きていくのは寂しい?

集団と個、そして自分と他者の関係。暴力、その定義と意義。人生は幾らでも遅らせる事が出来る、諦める事も出来る、けれども人は必ず、死ぬ。それは酷な事かもしれないが、人を殺さず、自分を殺さず、そんな道を模索する選択肢が、我々には残されいるのも事実。

私は貴方が望む私でいられるであろうか。
貴方は私が望む貴方でいてくれるだろうか。
私は貴方を知りたい、貴方に私を知ってもらいたい、そう願ってしまうのは、罪な事だろうか。
境界線、それを踏み越える事、私の世界に貴方を招き入れ、貴方の世界に私が参加する事。


自分が毎日考えに考え抜いて、それでも全く答えが出ない事に、この映画は一筋の光を与えてくれた。文句無しの人生ベスト。私はこんな映画を観たいと思って生きて来た気がする。そしてまたこんな映画と交錯出来る日を夢見て、生きていけそうな気がする。やはりどうしたって、夜は明けるのだ。
鈴木

鈴木の感想・評価

4.0
演劇がベースになってるし、変な構成だし、会話劇が中心だし、色々無理難題っぽいのに、なんでこんなに面白いんだ、、

脚本を書く力が凄すぎる。

やっぱりぶっちぎりで一番好きな日本の映画監督だな、あらためて。
新文芸坐にて鑑賞。見るのは二回目。
カンヌの影響もあるのか劇場は満員に近く、若い観客の姿も多い。
素晴らしいことである。

初見では後半の演劇パートがあまりにも素晴らしいために前半の印象がけっこう薄れてしまっていたのだが、再見して前半の濱口メソッドの横溢ぶりに改めて目を見張った。
固有のシグネチャーが確立され過ぎている。

改めて思ったのは、俳優陣の素晴らしさである。
前半ではメインの男女カップル(平野鈴・佐藤亮)はもちろんのこと、物語から退場する(そしてその不在によって結末への橋渡しを務める)役回りである三木役・田山幹雄の微妙な感情の揺らぎと不安定なトーンが強く印象に残った。
あの一連のインタビューシーンは用意された台本があるとはにわかに信じがたいレベルである。

また、後半の主要キャストである佳代子役の伊藤綾子は前半ではそれほど大きな役回りは果たさないものの、演劇パートにおける演技が素晴らしく、三木と同じくどことなく不安定で不穏な存在感が「親密さ」という演劇のムードを決定づけている。
劇中で佐藤亮が言うところの「小ささと弱さ」が非常に活きている、ということか。作品の構造を考えるとめちゃくちゃメタな演出である。

また、彼女はおそらく三木と恋人同士であることが示唆されており、物語の最終的な結末を考え合わせると主人公の平野・佐藤カップルと田山・伊藤カップルは対になる重要な立ち位置を与えられていることに気づく。

一般的な劇映画とは構造から何から何まで異なる「ヘンな映画」だが、ここでしか味わえない映画的快楽に満ち満ちており、観る者の映画というカテゴリをゴリゴリと拡張する。
濱口竜介恐るべし。
AZ

AZの感想・評価

4.8
ENBUゼミナールの映像俳優コースの卒業制作として製作されたもの。代表的なものだと、『カメラを止めるな!』がある。

4時間15分。
前半は約2時間、主軸となる2人の葛藤や、それぞれが持つ個人的な悩みや思いがぶつかりながら、舞台劇を作り上げていく過程、そして上演直前まで映し出される。

後半はほぼその舞台劇「親密さ」。その舞台劇は人が持つ弱さと強さを表現した作品となっている。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

恋人同士でもある令子と良平は新作舞台の上演を間近に控えた演出家。コンビで演出をする彼らのやり方は、段々と限界に近づいているように見えるが、稽古を繰り返す間に2人の日常や想い、そして社会はゆっくりとだが、確実に変化していく。まるでほんのひと時、電車同士が並走して別れ去るまでの間のような、彼らの生活を描き出す。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


正直痛々しかった。見ていて苦しい気持ちになる。けれど、いつの間にかそれが心地よくなっていた。決して彼らの演技は上手くないし、とても若く青く目を背けたくなるような恥ずかしさもあった。ただ、距離感が良かった。その距離感がこの心地よさに繋がっているのかも。

この距離感とは、近いとか遠いとかそういう距離感ではなく、フィクションとノンフィクションの境目にあるもの。

特に後半の舞台劇「親密さ」の中で、詩の朗読会を見にいく妹やその友達、それを見ている観客、そして映画『親密さ』を見ていると私たちという多重構造。

その構造によりプロではない彼らの演技が、逆に生々しく、そしてその演技と彼らの背景にある現実(フィクション)、私が持っている現実の境がなくなっていき、まるでその映画の中に入り込んだような感覚になっていた。

細かい部分だと、詩の朗読会の感想を伝える場面で伝えた、暴力という詩に対しての否定的な意見。あのまま進んでいたら嘘臭さがあったと思うが、舞台劇の中に客観性が含まれたことで、一気に映画と舞台劇と現実との境が曖昧になったと思う。

濱口監督作品は『ハッピーアワー』と『寝ても覚めても』しか見た事なかったが、特に『ハッピーアワー』では鑑賞者を映画の中に巻き込もうとしているような印象を持っていた。それが『新密さ』で確信。

映画の中に入らせる。それぐらい人の感覚や想像力を掻き立てる強いエネルギーが濱口監督作品にはある。

「言葉のダイアグラム」という詩が作られたように、この映画では対話が丁寧に作られていた。

個人的に好きなのは、海で溺れた時兄に助けられたという話。自分が死んでも助けてくれる人がいることを知ったという話を淡々と話す姿でちょっと涙腺が緩んだ。

この話は最終的に、この映画の世界で起こっている問題につながってくる。

世界で進む様々な出来事によって彼らの世界も影響を受ける。時には夢や希望を変化させる。良い影響もあれば、悪い影響もある。

少なからず、人の人生は直線的ではなく、様々な影響を受け徐々に別の方向に曲がっていく。

それをラストシーンで表現されていた。これは「言葉のダイアグラム」という詩の中で、メタファーとして表現されていたものだったが、まさか本当に現実で表現してしまうとは。

そして、その姿は決してネガティブなものではなかったのがすごくよかった。それぞれに愛を伝え合いながら離れていく。

男の人の変貌ぶりがすごく良かった。自分が求めていたものではない選択をしているのに、生き生きとしている。彼女は当時自分が追い求めていたことをやってはいるが、どこか寂しげで元気がない。

人生は本当に難しい。何があるかわからない。だからこそ生きる価値があると思う。

4時間があっという間だった。特に後半は体感1時間ぐらいにすら感じた。

まだまだ、書きたいことがたくさんあると思うがうまくまとまらない。映画『親密さ』だけでなく、舞台劇「親密さ」についても書きたい。

あとは、カメラワークやカットについて。特に舞台劇でのカットが独特でめっちゃ良かった。

それは、またの機会にしよう。
の

のの感想・評価

4.4

必死に言葉をひろう4時間だった。

「選択した方が良いことになる」
今観れてよかった。
ntm

ntmの感想・評価

5.0
ずっとくっついていると苦しくて、ずっと遠く離れていても上手くいかなくて、身体の表皮数ミリ触れるか触れないかのところでその人の形を確かめる作業を長く続けることが、本当は必要なのかもしれない。
どこが怖くて何が希望なのか、痛いところ優しいところ気持ちいいところ、折り合いがつくちょうどいい場所を見つけ合えた時にようやく深く抱きしめて、もう私たちは大丈夫だね、ってなるのかも。
ようやく見れて感無量…
ぴよ

ぴよの感想・評価

-
自分の人生では無縁な感情が描かれ、そのこと自体でとても悲しくなる濱口監督作品のいつもの感じ。個人的には好きなのだが、疎外感が強い。

前後編の間の休憩の入れ方がオシャレ。
松本

松本の感想・評価

5.0
ようやく観れた。もう一回観る
横山

横山の感想・評価

-
基本的に演出なりカメラワークなりが好きじゃないんだけどそれを超越するくらいもの凄い作品だった、濱口竜介の才能をやっと理解できたと思う。ハッピーアワーよりよかった、とりあえず凄い。
なんというかワイドショーで不倫がどーたらこーたら言って小金稼いでる奴らはこれを見ろ。てかそのワイドショーやってる時間にこれ放送した方が世の中良くなる気がする。
>|