親密さの作品情報・感想・評価

親密さ2012年製作の映画)

上映日:2013年05月25日

製作国:

上映時間:255分

4.3

あらすじ

「親密さ」に投稿された感想・評価

菩薩

菩薩の感想・評価

5.0
私は貴方ではなく、貴方は私ではない。

私は貴方の為に生まれて来たのではないし、
生きているわけでもなく、
貴方は私の為に生まれた来たのではないし、
生きているわけではない。

だから私が思う貴方は貴方ではないし、貴方が思う私は私ではない。

でもそもそも私は私ではないし、
貴方は貴方でもないかもしれない。

私には私の世界があり、
貴方には貴方の世界があり、
私には私の世界のルールがあり、
貴方には貴方の世界のルールがある。

でも私は貴方になりたいと思うし、
貴方にも私になって欲しいと願ってしまう。
私は貴方になれないし、
貴方は私にはなれないと分かっていながら。

私は一人で生きていく事が出来る。
貴方は一人で生きていく事が出来る。
でも私は一人で生きていくのは寂しい。
貴方は一人で生きていくのは寂しい?

集団と個、そして自分と他者の関係。暴力、その定義と意義。人生は幾らでも遅らせる事が出来る、諦める事も出来る、けれども人は必ず、死ぬ。それは酷な事かもしれないが、人を殺さず、自分を殺さず、そんな道を模索する選択肢が、我々には残されいるのも事実。

私は貴方が望む私でいられるであろうか。
貴方は私が望む貴方でいてくれるだろうか。
私は貴方を知りたい、貴方に私を知ってもらいたい、そう願ってしまうのは、罪な事だろうか。
境界線、それを踏み越える事、私の世界に貴方を招き入れ、貴方の世界に私が参加する事。


自分が毎日考えに考え抜いて、それでも全く答えが出ない事に、この映画は一筋の光を与えてくれた。文句無しの人生ベスト。私はこんな映画を観たいと思って生きて来た気がする。そしてまたこんな映画と交錯出来る日を夢見て、生きていけそうな気がする。やはりどうしたって、夜は明けるのだ。
カラックスで云うところの行為(突き指触る)が演劇という虚構を剥がし、言葉(想像力を運ぶ電車)が映画的現実へと目を向けさせる。真に傾聴すべきもの。
Sena

Senaの感想・評価

4.8
リアル 最後の電車のシーンでオイオイと泣いた
演劇よりも電車の方が楽しい
Takahiro

Takahiroの感想・評価

4.0
普通にいい舞台だった。
ニコールキッドマンのドッグウィルという映画を思い出した。
朝田

朝田の感想・評価

-
サンクスシアター二本目。凄すぎた。やっぱ濱口竜介はレベル違うぞというのをまざまざと見せつけられた。未だ何を見せられたのか全然消化できた気がしないが、とにかく一生忘れ難い映画体験だったのは確か。「ハッピーアワー」を準備した作品とも言える。ある演劇のワークショップを描いた前半部と本番の様子を描いた後半部。255分と体力を消耗させられる長尺だが、この作品は短くては意味がない。登場人物たちと観客の我々が共に日々を過ごしたかのような濃密な時間を体感する事で、現実と虚構の境界線を曖昧にする。そして、その二つの間にある「親密さ」を解き明かしていく作品だからだ。本番とワークショップを対比させた構造もそうした一見別々に見えるもの同士の「親密さ」を暴くために導入される。正直言ってよくもまあこんなに冴えない顔つきの人ばかり集めたなと最初は人物たちを見ながら思ったが、段々と全員の一挙一動に目が離せなくなるのだから、濱口竜介の演出力はやはり並み大抵のレベルではない。ひたすら大量に交わされる言葉から、日常的な風景の裏側にある他者との決定的な断絶、そして言葉が持つ暴力性を暴いていく前半部は胃がキリキリと痛むような不吉さに満ちている。会話のちょっとしたズレや微妙な間、そして人物の仕草から生々しいイヤな空気を抽出するのが濱口竜介は本当に巧い。カサヴェテス的な表情のアップが用いられ、そこにそれぞれ人物の本音が見えてくる。後半部は演劇パートが延々と続く。前半部のストーリーと続けて見せられると、演劇であるのにも関わらず人物たちのドキュメンタリーのようにも見えてくる。どこまでが演技で、どこまでが生身なのか分からなくなってくるあの感覚こそが、この作品のキモとなる部分なのだと思う。全編通して印象的なカットは沢山あるが、特に夜明けでの橋の上での奇跡的な長回しや、ラストの二台の電車同士の切ない切り返しなどは一生忘れられないものになった。何度も味わいたくなるような生々しい時間、言葉がこの作品にはある。それを完璧に記録した濱口竜介という作家は改めて才能の塊であると認識させられるばかり。
ヒロ

ヒロの感想・評価

3.9
濱口竜介、電車使いこなしすぎ。
mika

mikaの感想・評価

5.0
観始めてすぐ感じるこれきっと物凄い映画だ、、って予感がラストで確信に変わる なんでこんなの作れるんだ〜
ちょっと長いとは思ってしまったけど、しっかり楽しめた。

相手の考えることが好き、とか、別れなくて済むためにはどうしたらいいのか、とか、恋愛って相手の嫌な部分があるから別れるという単純なものではないんだな、と。お互いの影響で変わっていく部分もあり、人を好きになるということの良さを感じたりした。

夜明け2人で歩くシーンと、ラストシーンがめちゃくちゃ良い。さんざん、東急が映ってたのになんで最後あの駅なんだ?と思ったけど、あのシーン撮るためだったのか。。
>|