ばしゃ馬さんとビッグマウスの作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 2ページ目

ばしゃ馬さんとビッグマウス2013年製作の映画)

上映日:2013年11月02日

製作国:

上映時間:119分

3.4

「ばしゃ馬さんとビッグマウス」に投稿された感想・評価

Yuka

Yukaの感想・評価

4.0
叶えたい夢はあるけど、自分の思うようにならず苦悩してしまう。それがリアルに描かれていて、自分にも思い当たるところがあったので、共感が出来た。
あ

あの感想・評価

4.6
展開が自分の理想どうりですごい良かった。

まず、ストーリーがシンプルでわかりやすいため、前半早々で麻生久美子が夢追い人、安田がビックマウスの自意識過剰って認識で観れる。

そこからひたすらに麻生久美子が報われない展開が続いてく。
この前半から中盤にかけての報われないシーンはどれも、生々しいほどにリアルで、とてもしんどい。麻生久美子を抱きしめたくなる。
みんな言葉を選んでるんだけど、その気遣いが逆にめちゃくちゃしんどい時あって、その表現がめちゃくちゃ秀逸。

そうやって、麻生久美子を徹底的にいじめ抜く事によって、見てる側は麻生久美子かわいそう、報われてほしい。ってなるんだけど、最後まで報われない。それがいい。
最後大賞を受賞してたら評価はだいぶ下がってたと思う。
あと、安田と恋愛関係に発展しなかったのも良かった。

麻生久美子が喫煙所で安田に説教して、コーヒー飲んだら、そん中にタバコが〜〜のシーンめっちゃ最高。
映画の空気が重くならないように、所々挟む小ボケでいいバランスが取れてる。

安田がとにかく自分に似てて辛かった映画。
僕ほどこの映画を好きになる人も少ない気はしますww
でも個人的には本当に心を動かされた作品でした。

夢を見るための映画ではなく、夢を諦めるための映画なのではないでしょうか。

でも、夢を諦めるということ自体決してマイナスにとらえる事ではないです。
夢を見た期間、そして夢を諦めたその後の人生をプラスに受け入れることで、人としてどれだけ成長できるのか考えされられました。

1つのエンターテイメントとしてのコメディや一瞬のカットで何か強いメッセージを伝えてくる吉田監督らしい撮影、男のしょーもなさ、いろいろな面白要素も詰まっていて非常に観ごたえのある映画でした。
観れてとても満足です
夢を見ること、夢に向かうことは絶対にカッコ良いこと。
そこに恋が加われば人生は成功。
次男

次男の感想・評価

3.7
書いた・作ったものを否定される気持ちは、経験者にしかわからないと思う。心無い無責任な言葉になじられて、放り出されて、「それでも立つならご自由に」って。「表す」ってそれ自体がめっちゃ恥ずいし、こんなにも確信が持てない。しかも、しかも強制されることじゃないから、「好きでやってんでしょ?」いやほんとその通り、ぐうの音も出ねえっす。

◆◆

夢とか現実とかそういう臭え話に該当しない人は対象じゃないはずなのに、該当しない人でも伝わりそうなステレオタイプな切り口の前半は、「もっと容赦なく切り込んでおくれ〜〜」って思ってた。思ってたからけっこう退屈に感じてた。ばしゃ馬さんの馬車馬さとか、ビッグマウスくんのビッグマウスさとか、当事者じゃなくても書けそうな掘り下げで。

でも後半の端々は、明らかに当事者のそれだった。惨めさの度合いとか、惨めさを感じる時とか。しかもグロいのが、この映画のスタンスが終始身内で、優しいこと。良い話に仕上がってること。所詮夢とかそんなのの終わりはなんの広がりも持たないこじんまりした話で、小さな良い話になって、消化されて、いや、「良い話にして」、「消化して」、次に進む。しかない。ということの残酷さ。

後半、最後の応募作に向けて加速していく点描。きつかったなー。あんなの、一円にもならねえんだよね。でもすげえ楽しいんだよね。くー。

◆◆

などという主観入りまくりなので冷静に「映画として」どうだったかはなんとも言えない。面白くないかもしれない。てか、あんまり面白くないと思う。なにか目を引くような映画的な挑戦もなければ、度肝を抜くような展開もないもの。

じゃあもう、これはみんなのための映画じゃなくて、当事者のための映画だったってことでいいかなと思う。ラストでクソションベン垂れてる浮浪者なんか映しやがって。やっぱり夢なんか推奨しない。でもこの感慨は夢を抱いてしまった人の醍醐味。
h

hの感想・評価

3.7
夢を諦めるときにきっとまた観たくなる映画だと思った。天童の恋をひたすらに応援したい。ときめきは少ないけれどその分掛け合いや表情のお芝居がリアルで胸がきゅうっと痛くなりました。すっと心に染み込んでいく作品。
【ネタバレ】⚠️

いや~、めちゃくちゃ良かった!
脚本家を夢見る馬渕さんと天童くん。
この2人の距離感がたまらなかったです😊

馬渕さんが無意識に言うセリフも
ツボやった。
どこか上目線なんよねー。

天童くんやシナリオ友だちと話す時とか
デイサービスで働く元カレの松尾に

「えらいなあ。こんなこと毎日やってんだもん」

本人は何気なく言ってるつもりでも
受け取る側にしてみると、「ん?」って
違和感感じると思う。
そんな馬渕さんのキャラを見てると
もしかしたら自分も・・・
と不安になりました💦

特典映像で麻生さんと安田くんが
好きなシーンを挙げてたので僕も。

○ 馬渕さんと元カレ(松尾)の部屋シーン

「夢を叶えるのって難しいことは
最初から分かってたけど
夢を諦めるのってこんなに難しいの?」

これ、ホンマにそうやなあと。
夢を叶えるのには色んな要素があるけど
大事なのは信じる力と努力やと思う。
馬渕さんも天童もそれが足りない!
なーんて、上から目線で思いました 笑

○ そのシーンの続きで
松尾が馬渕さんと抱き合うんやけど
「あるセリフ」で止めてしまう。
それがめっちゃリアル!笑
気になる方はぜひ観て欲しいです。

○ シナリオ教室の外で
天童と言い合うシーン

お互い罵りあった後、馬渕さんが
コーヒーを飲みます。
そしたら・・・
これも超リアル!笑


結局、ラストまで2人はコンテストに
受からず、馬渕さんは夢を諦め実家の
旅館を手伝うことに。
そんな馬渕さんを見送るときに
天童が冗談混じりに告白するシーンも
良かったなあ。

大好きな映画になったのと
麻生さんのファンに改めてなりました❤

追加

カラオケで天童が誕生日のお祝いソング
を歌うシーンも👍👍
なんか、お気に入りシーンてんこ盛りな
作品でした!

あ、そだ。
タイトルだけ惜しかったです!
「夢追い女とビッグマウス」
の方がいいよ、絶対!
(上から目線 w)
Fieldpan

Fieldpanの感想・評価

3.0
・18/07/02:NHK-BS プレミアムシネマ【初鑑賞】
星3.8

少女漫画的なベタべタ恋愛モノか?と勝手に思っていましたが全然全く違いました。

こんな恋愛映画ならいくらでも観たいわ!笑

自分はまだ何にでもなれそうな気がしていた、昔の頃を思い出した。
頑張っても頑張ってもダメなんて経験はしたことがない。今後あるかな…

初めてこの監督の作品を見ましたが、シュールなギャグの連発に戸惑いつつも慣れました。見ごたえありました。面白かった!
関ジャ二∞安田くんのヘビースモーカー具合、だらしなさがファンとしてはたまらない