ばしゃ馬さんとビッグマウスの作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 2ページ目

ばしゃ馬さんとビッグマウス2013年製作の映画)

上映日:2013年11月02日

製作国:

上映時間:119分

3.4

「ばしゃ馬さんとビッグマウス」に投稿された感想・評価

気付けばスッとその世界に違和感なく入っている。役者さんがごくごくそこにいる人に見える。ばしゃ馬さんとビッグマウスの関係性って、距離感っていいなっと。音楽の入りかたがすきでした。
むら

むらの感想・評価

3.8
夢を追いかけるのは大変だけど夢を諦めるのもまた大変なんだって自分自身痛感しているから、これで下手に成功したり、私たちの夢はまだまだ続くエンドだったら多分テレビの画面ぶん殴ってた。
mami

mamiの感想・評価

3.1
夢を諦めるのが難しいとは、よくわかる。
何者かになれると思って進むけど、なかなかなれない、でも辞めることも出来ない、、、
そんな苦い気持ちを思い出す。
こつこつとシナリオライターを目指すも芽の出ない主人公みち代、シナリオスクールで口ばかりで作品を書いたこともない青年に出会います
ラブコメディとして流してもよいのですが、自分的には“けじめ”の映画ととらえました
まい

まいの感想・評価

3.6
夢を叶えることができた幸せな人の話じゃなく、夢を諦める人の話。
馬淵さんが夢を諦められずに泣くシーンは見てるこちらも辛くて苦しかった。

夢に敗れた人が努力をしていない訳じゃないけれど、世間は結果を出した人の努力しか認めてくれない。何一つ成し遂げられなくても、前を向いて生きてかなきゃならないんだなー。

夢物語じゃなく現実的な映画。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

3.2
思ったよりもずっと客観的で、突き放していて、それでいて優しい映画でした。夢を見続けることは簡単だとして、叶うよう努力を続けることも難しく、続けた年月が長ければ長いほどその夢を手放すことができない。例えどんなに惨めであっても、夢にしがみつくことだけが自分を支えてる全てだとしたら?諦めても未練が残り、続けても後悔が続く。その辺りが痛いほどリアル。とはいえ、この映画は「夢は見るだけ無駄」とは言っていないところがまた素敵。みち代と元彼の肉体関係寸止めシーンは、女から見るとこれ以上ないくらい残酷。
内臓が痒くなって 息苦しくて吐きそうになる
わたしにも天童くんみたいな頃確かにありました 今も完全に天童くんが失われたわけではない
自信がないから 飾って飾って飾って 嘘ついて 嘘ついて 嘘が本当になりますようにって虚しい願掛けしながら嘘重ねてもやっぱり嘘で 嘘で覆った自分は醜くて
そんな自分が嫌になって 忘れたふりして 目をそらして大人になって 今度は誰かに過去の自分重ねて同族嫌悪

才能無いのも 特別じゃないのも もう大人になっちゃったし 全部 自分が一番知ってるよね でも 今までの時間のこと思うと そんなこと認めたくなくて悔しくて どうにかってすがりついて 苦しいよね 諦められたら本当に楽だよね
続けることも才能 愛し続けることも才能 でも それを持っていても叶わないのは どうしたらいいのかな それでも諦められないのは どうしたらいいのかなあ
わからないまま大人になって 過去を苦くて酸っぱいと 眉間にしわ寄せながら たまに思い出しては 忘れたふりして また生活していくわけです
こんなに苦いフィクションは久しぶりで 大泣きしてしまったな

本当に どうか どうか この続きだけは シナリオ通りになりますように

心底願うけど 人生は シナリオ通りになんか ならないんだよね
ぐう

ぐうの感想・評価

3.4
根本的なものを日常に置き換えたらグサッとくる。これ、更に大人になって見たら心境変わるだろうな。彼らのようになるのか、こういうときもあったと思えるか、全部綺麗事ですね。少しばかり汚いほうがいい。麻生久美子、いい。冒頭○。
okyk

okykの感想・評価

3.3
こういう内容は、自分と色々重なって、ちょっと苦しくなるよね
続けてこれたのじゃなく、やめれなかっただけ・・・
この台詞は、半分本当かもしれないな
ってか、この映画、みんなイイ人だったなぁ
監督も元恋人もライバルも
騙されたりとか裏切られたりとかなかったな
がんばってもどうにもならないこともある・・・
ちょっと切なくてあったかい映画
やみ

やみの感想・評価

3.4

好きな気持ちは大きいのに結果に結びつかなかったり、自分の方がもっと上手く書ける!と思って批判ばかりしていてもいざ書くとなると書けなかったり…

夢を叶えた人への憧れや嫉妬。
夢を目指している人にとっては苦しく感じてしまうくらいリアルに描いた映画だった。

ただ夢を目指すだけでなく、目指していく上で直面する壁や挫折を丁寧に描いていたことで、共感を得やすかった。