ばしゃ馬さんとビッグマウスの作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 5ページ目

ばしゃ馬さんとビッグマウス2013年製作の映画)

上映日:2013年11月02日

製作国:

上映時間:119分

3.4

「ばしゃ馬さんとビッグマウス」に投稿された感想・評価

panda

pandaの感想・評価

3.2
吉田恵輔監督の過去作を見てみよう、と思ってたけど録ったままになっていたのをやっと。思ってたよりマイルドだと思ったのは「犬猿」を見たからでしょうか。

でもこの麻生久美子さんの「痛さ」はある意味幾野姉妹以上かも…監督やっぱり意地悪です。

最近はあまり見ていなかった「邦画テイスト」な絵面は好みでした。
脚本家を目指す男女の物語です。

夢をあきらめられず作品を応募しても落選を繰り返す女性を麻生久美子さんが演じている。

その女性は真面目で少しめんどくさい女性、まさに麻生さんのために書かれたのではないかと思える脚本である。

日常にありそうで、だれでも共感出来るストーリー展開は、悪く言えば退屈になりがちである。

ちょうど同じ岐路に立っている女性には支持されるがストーリーとしては厳しいと言わざるを得ない。

そこはむしろ期待せず彼女の演技力を堪能してほしい。

そういった意味では、相手役の関ジャニ∞の安田くんは、あまりジャマにならなくて良かった。

ただ音楽が効果的に使われており印象に残る仕上がりにはなっている。
おゆ

おゆの感想・評価

4.0
夢を諦めることの難しさは本気で夢を追った人にしか分からないことだとまざまざと見せつけられた。
2384

2384の感想・評価

3.4
“抱いちゃった夢ってどうやって終わりにしていいかわからない”

そういえば気がつかないうちに終わりにしちゃってたな
過信しちゃう時代あるある…

麻生さん…😢
こも

こもの感想・評価

2.8
ところどころ天童じゃなくてヤスがいておもしろかった 夢がかなうとかそうじゃないとかリアルでまだ今からやのに...ってつらくなった、、
アオ

アオの感想・評価

3.0
おなじくらい痛々しい時期があった人にしかわからないリアルな痛々しさ
Si

Siの感想・評価

3.5

夢追い人の話は大抵見てわかるようなハッピーな終わり方をするが、これはそうではない。夢はきっとこうである。
PORK

PORKの感想・評価

3.7
『犬猿』に備えて、『ヒメアノ〜ル』以来となる吉田恵輔視聴。ヒメアノ〜ルもう一回見たみがストップ高。

まず最初に申し上げると、主演・麻生久美子の声が今をときめく売れっ子声優・諏訪ななか嬢のそれと同じになる瞬間がいくつもありました。ここにこう繋がってくんだなあ〜〜〜〜〜。特に松尾くんと居酒屋でサシ飲みするところの笑い方とかもうこれ営業妨害レベルでんがな。すわわおたくは是が非でご賞味ください。

僕が脚本家含めて物書き等々を目指したことがない点や笑いの急所がズレていたところが減点対象になりましたが、そこにアジャストできればぶっ刺さりも甚だしいやろなあと思いましたね。
自分が脇目も振らずに追いかけて来て、いざ振り返るとなんでここに自分がいるのかも見失いかけている。夢にどうやって折り合いをつけていくのかのひとつのアンサーが出てますね。胸が熱くなるものの、僕自身はいい歳こいて童貞であることにどう折り合いをつけるんでしょうね、ってね。アー死にて。

ひたむきな器用貧乏な性質持ってる人も結構残酷なんやな。会社内でそういう人見つける度に泣けてくるかも。

そして皆大好き結婚式のシーン。あの女ども集めて密室ゲームおっぱじめるSAWの新作できるならブルーレイ10枚は買いますね。あそこで鉄パイプでぶん殴っても、日本では法には触れませんけれども、まぶっちーがとった行動はまーじで偉いと1周して思ってしまった。ライフ削ったのは間違いねえが、その削りにも耐えたのは「勝ち」です。
ひろ

ひろの感想・評価

2.0
「パスタ冷めちゃう」を繰り返して、最後にそれを言った時にシーンをぶった切る編集は、バラエティ番組でよく見られる。映画でやる必要があるのかは謎だが、本作のココでの使い方は全く面白くない。

主人公は、シナリオライターの夢を諦めても実家に戻って旅館を手伝えば良い、という環境なので、夢を追うこと&諦めることの重みが感じられない。
人生に保障のある中で夢を追う人間に、この物語で感情移入は不可能だ。
sn

snの感想・評価

4.0
今更ながら、、思ってた以上に見ててウッてなるシーンが多い。叶えるのも難しいけど諦めるのも難しいんだな