ばしゃ馬さんとビッグマウスの作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 60ページ目

ばしゃ馬さんとビッグマウス2013年製作の映画)

上映日:2013年11月02日

製作国:

上映時間:119分

3.4

「ばしゃ馬さんとビッグマウス」に投稿された感想・評価

&y

&yの感想・評価

3.2
【2013/12/2:シネクイント】麻生久美子の演技が苦手なので敬遠してたが、時間がちょうど良かったので鑑賞。
ビッグマウス天童のキャラがマジでクズ過ぎて、前半は正直観るのがキツかったがなんとか持ち堪えた。天童はなぜ馬淵さんを好きになった?コンペ落ちまくってる馬淵さんにしか「才能ある」って言われてない天童って実際どうなの(彼が自作脚本を読んだらスクールの人たちの表情が一瞬変わった、みたいなカットがあれば納得できるのに)?など、わりと重要じゃ…と思えるポイントは放置。天童のキャラクターに真摯さも才能めいたものも感じられなくて、それゆえにあんまり乗っていけなかったのだけど、テンポの良さで飽きずに観れた。終盤、天童がなぜ脚本家を志したか笑い話として語りだし、馬淵さんがヒックヒックするあたりはグッときたけど。
馬淵さんと元カレの件は良いです。馬淵さんの「こんなことよくやってられるねー」というセリフを耳にした時、わたしと岡田義徳は全く同じ表情してたと思う。「こんなこと」なんて思ってないけど、嘗ての夢だって本当は諦めきれない。だから、その思いを今の仕事に昇華させてるんだよな。悶々としつつも。
そして、地元結婚式の件。グループ内カースト上位のカワイ子ちゃんが失言でペロッと舌出すあの感じ。あるある。あるよ。30半ば独身がいくら本音で「結婚に興味ない、夢があるから」と言ったところで、ヘンな空気にしかならないあの感じ。あるある。身憶えある。
とりあえず、実家の手伝いしながらコツコツ書いたってイイじゃない、と。馬淵さんには伝えたいです。マック赤坂さん(a.k.a.「立候補」)みたいな人もいるしさ。
hunza

hunzaの感想・評価

4.0
2013.11.18

なーんに起こらないのに、いろんな想いになるふしぎな映画。
yuu

yuuの感想・評価

4.0
夢をもつ人なら見て何かを感じられる映画だと思う。
夢を叶えられる人がいる分、叶えられない人がその何倍もいるってこと。
理想と現実は違うとつきつけられる。

所々面白いところもあり、退屈せずに見られました。
ただ単に、ふわふわ運良く生きてきてしまった人間の心には響かないのだろう。きっとそうなのだろう。
g

gの感想・評価

4.2
主役の麻生久美子の演技がうまかった。主人公の苦しさが、映画レスラーに似ていた。ストーリーに全面的に共感してしまった。
チィ

チィの感想・評価

2.7
『ばしゃ馬さんとビッグマウス』前半で脚本の書き方みたいな授業あったけど、その通りになってないじゃんって思った。20分くらい縮めても良かった気がする。フライヤーがめちゃめちゃ可愛かったから期待してたんだけどなあ。
tanako

tanakoの感想・評価

4.7
帰り道。叫びながら走り出したくなる映画でした。
自分の痛々しさを突きつけられて、
恥ずかしい、死にたい、ギャー!!と、悶える2時間。
しかもそれが笑いに昇華されない、地獄のような親近感。

だけど、すっっっっっげー出来が良いです。
『さんかく』から更に進化した作品。参りました。
kesalapsi

kesalapsiの感想・評価

3.8
「抱いちゃった夢はどう終わらせたら良いのか分かんない」

わたしは大層な夢を抱いたことも諦めたこともなくて、わりと自分で着地点を見つけちゃうタイプなので、あんなにも真っ直ぐに夢を見れる人は羨ましいかも。

"諦める"って言葉で言うのは簡単なのに実際にはなんて難しいんだろう…っていうのは個人的体験談。

(05.12.2013)
chun

chunの感想・評価

3.6
安田くんキッカケでみた。
そして麻生さんもでてるなんて、なんて私得!!!笑
凡人のわたしには、追いかけたい夢とか無いし、すっげー共感できる!ってのは無かったけど、ストーリーは面白かった。
天童くんには普通にイラついた。笑
退屈せずに最後まで観れたのは良かった。意地悪な地元のガールズやソープ母さんミカン、自転車おばちゃんなど、色々細かい所は良かったと思う。まぁでも自分を特別だと思わずに夢中になることってできないもんかな。だからこそ余計頑張るんだよ。ものづくりをしてる立場としては前彼を前にした馬淵さんの態度の甘さに本気でイライラしちゃった。夢に取り憑かれた二人は必死で応援したくなるけど二人とももー少し立ち止まり考えてほしいとかちょっと上から目線ですが、ツッコミたくなりました。マツキヨさんは夢に丁度いい距離を置きつつ努力や疑問を怠らずやった結果だと思う。そんな事に気づかされました。唸るような事はなかったけど、まぁまぁでした。馬淵さんのデスクに「夢」って書いた額があったのがなんか気になった。安田さんの部屋は生理的にキライ。音楽うるさめかな。