やすゆき

パニック・マーケット3Dのやすゆきのレビュー・感想・評価

パニック・マーケット3D(2012年製作の映画)
2.8
主人公のジョシュは一年前、友人で婚約者の兄であるローリー
が目の前でサメに食い殺された。
その後、婚約者のティナとも上手くいかずに距離をあけ、今はスーパーでバイトをしている。

そんなある日、留学?に行っていたティナが帰ってきてスーパーへとくる。そして強盗も来る!そして地震が来る!!!そして津波が来る!!!!

スーパーはアッという間にプール状態に。。。入口もふさがれて皆、棚へと登って何とか無事な感じ。
しかし!津波と一緒にサメも来店!!!!!

・・・な作品。

コンパクトなパニック映画としてすごく楽しかった。
何故か、なぜか分からないがキャストが海外ドラマみたいな顔ぶれだった。。。。