永遠

ゼロ・グラビティの永遠のネタバレレビュー・内容・結末

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)
3.4

このレビューはネタバレを含みます

精神論な面が大きいのがとても残念で個人的には宇宙映画特有の、知識や工夫で帰還するところがとても見たかった。
よって物足りなさをすごく感じる。

観ている側ももちろん主人公も無重力にいる感がすごくて、実際に目が回りそうな、視覚での無重力の表現がよかった。
一人称視点の織り交ぜ方もどちらかといえば自然で良かった。

遠くまで見渡す宇宙の描き方が孤独をより感じさせ、地球のラジオでより今まで孤独だったことを感じさせる、広い人間が生きていけない空間での孤独からくる恐怖となって伝わってくるのは良かった。

大気圏突入後のヒューストンとの交信はやっぱ宇宙映画には必須。

重力と土のありがたみ。