ゼロ・グラビティの作品情報・感想・評価

ゼロ・グラビティ2013年製作の映画)

Gravity

上映日:2013年12月13日

製作国:

上映時間:91分

3.6

「ゼロ・グラビティ」に投稿された感想・評価

PIRORIN

PIRORINの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

映画館で見て圧巻だった記憶から、DVDを借りて久しぶりにもう一度見返した。

確かに3Dで鑑賞したよりは宇宙が平面に見えて、この映画の醍醐味である孤独の恐怖が減ったように思えたけど…

だけど映画館で見た当時よりも宇宙に関する知識が増えてるから、当時分からなかったところもちゃんと理解しながら見れて、結構楽しめた。

特にISSが爆発して木っ端微塵になるところなんて、「ISSってなんだ?」っていう次元だったのに、今見返すと「ISSがーー!アッーー!」ってね、衝撃をちゃんと感じられた。

宇宙への知見が深まったのは、いろんなSF映画見てきたおかげ。
いろんなSF映画を見始めるきっかけになったのは、ゼログラビティ。
ゼログラビティが面白かったから、SF映画が好きになった。
ゼログラビティ、いろんな評価に分かれてるけどわたしは好きよ。
775

775の感想・評価

3.8
息ができない、圧巻の90分だった。
映像がとにかくすごくて、映画館のフルスクリーンで見たらすごいことになりそうだなって。
宇宙の壮大さ、強い生命力がぎゅっと詰まってた。


時々冷静さを失いながらもどんな状況でも
前向きに生きようとする姿が良い
死を悟った時にマットの後押しする言葉で泣いた

宇宙空間の映像がとても美しく壮大だった
最初から見入ってあっという間の1時間半だった
Kazuhiko

Kazuhikoの感想・評価

4.3
「晴れ時々、衛星の破片ね。」

所謂宇宙ジョークというやつだろうか。

途中ライアンが、
「宇宙なんて大嫌い。」
と思わず口走るシーンは心に突き刺さる。
彼女は所々冷静さを失うが、マットの後押しもあり、
「もう逃げない、地球へ還る。」
と生にしがみつく姿はとても美しい。
思わず涙がこぼれる。

観ているこちらも息苦しくなる展開の連続で、ドッと疲れる。

エンディングシーンは涙を禁じ得ない。

このレビューはネタバレを含みます

2018年127本目

宇宙空間での任務中に事故に遭いながらもただ一人孤独ながらも生還しようとするサンドラ・ブロックの演技がとても上手い。映像も綺麗なこともあってその場にいるような感覚になる。任務中の相方がジョージ・クルーニーなので安心感となんとかなると思わせる。
BLAIR

BLAIRの感想・評価

3.1
最初のほうは終始はらはらして目が離せなくなったけど後半がだれた。

宇宙は壮大で未知でおそろしい。人間は非力だ。
海見てると自分がちっぽけに見えて悩みがどうでもよくなるとか言うけど、宇宙こそそんな気持ちにさせるかもと思った。
ろびを

ろびをの感想・評価

3.2
宇宙が荘厳で綺麗でした。
ただ序盤はイライラの募る場面がいくつかありました。
音と映像が圧倒的!
IMAXで観れたのは幸せ!
>|