ゼロ・グラビティの作品情報・感想・評価 - 875ページ目

ゼロ・グラビティ2013年製作の映画)

Gravity

上映日:2013年12月13日

製作国:

上映時間:91分

3.6

「ゼロ・グラビティ」に投稿された感想・評価

痔

痔の感想・評価

5.0
映像美はもちろん、無音になる瞬間が素晴らしかった。アトラクションだった。
MegaGenki

MegaGenkiの感想・評価

5.0
多分今年最後に見る映画にして、今年ベストに躍り出た作品。マイナスポイントがほぼ見当たらない映画。完璧なんじゃないですかね。
映像がスゴイという感想をよく見ますが、確かにスゴイ。これまでの映像表現をネクストレベルにアップデートするだけの力があると思います。でも、この映画はそれだけではないです。物語も登場人物も極力シンプルにすることで際立たせているメッセージ。宇宙という舞台も、革新的な映像表現も、それを伝える事を強化するための手段でしかないと思います。
映画の舞台である「無重力空間」と「重力空間」。それが人生に対比されているからこそラストシーンにグッとくるんです。人間賛歌なんです。
「Zero Gravity」なんていう邦題がサスペンス感を煽っているせいで、この映画をアクション映画として捉えてしまっている意見が多いのがちょっと残念です。いや、アクション映画としても充分面白いのがまたエライんですけどね。
Moco

Mocoの感想・評価

4.8
期待以上
宇宙、登場人物2人
視野の狭いストーリーかと思いきや…

宇宙は広く、人間も広くありたいと思えた。

全ての想像を越えた素晴らしすぎる映画。

Imax3Dで鑑賞。 絶対お勧めです。
ten

tenの感想・評価

4.5
終始ドキドキしっぱなしで、常に手汗をかいてた。
宇宙に行ってきた気分!現実はこんな感じなのか、という臨場感があり、宇宙ってこわいなと思った。観終わったあと少し疲れた。
2013/12/15
skip

skipの感想・評価

5.0
現実と虚構の2つの世界。私達は現実から逃れスクリーンを通して虚構の世界に身を浸す。そこは未知の世界で。そこは宇宙の世界。虚構の世界が私達を誘うのはそこに感情の起伏や高揚感といった芸術や娯楽の ー最も簡単に言えば”好き”という単語ー 感情的なエネルギーを求めるからだ。
そしてどうだこの映画は。圧倒的な、圧っっっ倒的な映像技術。鳥肌が立つ。人間が知恵と科学を結集し探求し続ける最も離れた未知の世界、宇宙。そして最も身近な世界、地球。現実から虚構の世界をのぞいていたはずが、気がつけば私は映画の中から現実の地球を眺め、現実の地球の偉大さに涙を流していた。
詳しくは触れないがストーリーも素晴らしかった。死を大前提にしてみた人の人生に意味など存在しない。例えばこの映画をみて何になる、どうせ死ぬ。だがこの映画で感激できた。それでいいではないか。
”映画とはなにか”に触れる作品でした。現実的なストーリーでない?虚構の世界に何を求めている?
……はい、ちょっとカッコつけすぎましたね笑。あのキャストだからこそできた映画だと思います。見に行く前はあまりの高評価ぶりに100グラビティくらいプレッシャー感じてましたが笑、行ってよかったです。見なくても何の損もないですがオススメしたいです笑。以上。
ア

アの感想・評価

4.8
周りの映画関係の方々から「映画史に残る」「君の世代が初めて経験する傑作」「2Dはダメ」「絶対IMAX3Dで!」なんてベタ褒めを散々聞かされていた上で鑑賞、まさにそれを実感。凄い、素晴らしい。涙べちょべちょ。地球に生まれて良かったー!!
印象的だったのは神の存在が徹底的に排除されていたこと。通常こういうジャンルにありがちな、"Oh God please..""I love you."のような常套句・描写が全くなく、ただ「生」「地球に帰ること」に焦点が絞られていて、逃げられた印象がなくスッと入ってきました。
これ以上も以下も適切でないという点で91分という上映時間も素晴らしい。どうしても気が張るから、体感時間は130分位だった(笑)
絶対また観に行く!
@ちゃん

@ちゃんの感想・評価

4.6
IMAXで観了
始まって数十分は手汗もダラダラで、全身がまるで重力で席に押し付けられているような感覚でした。
映画を観ているというよりも、ライアン・ストーン博士と一緒に体験しているような形で、新しい映画の世界に出会えたような気がします。
観終わってからもフラフラしながら地に足が着いていないような感覚でした。
maai

maaiの感想・評価

4.3
登場人物少ないがそれを気にさせない映像、演技力。一緒になって凄い疲れた…!映像が綺麗。
totom

totomの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

3D鑑賞。この映画の映像美や宇宙空間の恐怖は、映画館でしか味わえない。ただ、邦題は原題通りグラビティにすべきだと鑑賞後に感じました。生命の進化(魚類から人間へ)のように、胎児が生まれるように、困難を乗り越えた主人公は成長していく。
花ねこ

花ねこの感想・評価

4.3
こちらでオススメされてたIMAXで鑑賞。3D映画自体初めてだったけど見て良かった。複雑な物語ではないけれど、緊張感高まる音楽やそれに対して無音のシーン、一人称の視点など視覚だけでなく聴覚からもその場にいるような臨場感を味わえた。宇宙からの景色はとにかく綺麗。主人公の困難に立ち向かう姿がカッコ良かった。