パトリオット・デイの作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 2ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

実際に5年前にアメリカで起こった爆弾テロの話。
外国で起こった単なる他人事で終わらせてはいけないテロ。映画を通して体験することで、このテロに対して、グローバルな時代における当事者意識を芽生えさせてくれる。
主人公の描き方などの脚色に関して、地元紙から「本物ではない」などと酷評されている事を差し引いても、見る価値がある。
hase3001

hase3001の感想・評価

3.5
ボストンマラソンを襲ったテロ。
その前夜から、当日。
そして、犯人逮捕までを描いた映画。

映画には、平穏な雰囲気が、一転する瞬間までの
心の準備ができる。

もしも、身の回りにその瞬間が現れたらと思うと、
恐怖しかない。

ラストでは、「愛」という言葉でしめくるられるが、
まるでそんな言葉では、締めくくることはできない。

どの役者を見ても、映画だという気持ち以上の
何かを感じてしまう作品だとおもう。

平和な世界が、続けばいいのにと、つくづく思う。
使われてる、当時のリアル映像の量が適度で良いと思う。
リアル映像が、邪魔しない程度に絶妙な加減で、物語に重みづけをしてくれていた。
比留川

比留川の感想・評価

3.7
実話というだけあって、リアルな事件の風景がガンガン伝わる。
犯人捜しではなく、犯人は分かっている状態で、どう展開するのかがこの映画。
途中、車を乗っ取られた中国人男性のシーンは息をのむハラハラ感!!
実話なので、面白かったなんて言えないが、映画としてとても良く出来た作品だと感じる。
トーフ

トーフの感想・評価

4.0
よかったです。時間の長さを感じない緊迫した展開。適度なドキュメンタリー感がよかったと思います。
タイトルの「パトリオット・デイ」とは愛国者の日という意味で、アメリカのマサチューセッツ州、メイン州、ウィスコンシン州の3州の4月の第3月曜日に制定されている祝日で毎年ボストンマラソンが開催される日となっている。2013年のボストンマラソン爆破事件をベースに2016年に映画を制作。この制作のスピーディさと102時間で犯人逮捕となるそのストーリー展開、訴えるテーマの力強さはとにかくアメリカっぽい。
ボストンの警察官が老いも若きもみんなかっこよく犯人に拉致され車を盗まれた若者もとても頭が良く勇敢で、対して犯人の二人組は計画も荒く動機もひとりよがりで通報をしなかった友人や犯人の妻共々まるで悪の化身のような不気味な存在として描かれていた。
そして善の側に立つ人間は悪に勝つは善であり愛はなにより強いと幾度となく訴えかける。
確かにそれは正しい。
テロは許せない。しかし愛する人を守りたいという誰しもが持っているその動機とナショナリズムとは同義ではない。そのあたりをあえて混同しているような恐ろしさは感じた。アメリカの正義が世界の正義だと聞こえてくるような気がしなくもない。
たま

たまの感想・評価

4.0
まだ記憶に新しいテロ事件。
それだけに映画としてどのような作品になるのかとても興味深かった。
2時間半の長い映画が緊張と興奮に震えながらあっという間に過ぎていった。タイトルからして、いかにもアメリカ第一主義的な映画を想像してたけど、アメリカ映画の良いところがふんだんに出ていた映画だった。捜査の方法も興味深く、銃撃戦もリアリティあふれていて、出演者たちも誰もがいい味をだしてた。
悪に勝るものは愛。憎しみに勝つのは愛
それを噛み締めるラストだった。
ゆみ

ゆみの感想・評価

4.0
アメリカを肯定しているわけじゃないけど、愛のために立ち上がったボストンの人たちは凄い。
Yukimin

Yukiminの感想・評価

3.6
ボストンマラソンの事件は知っていましたが、捜査方法や犯人の事などを詳しく分かったので興味深かったです。特に捜査チームの立ち上げから捜査までがスピーディで驚き! 事故現場のシーンは結構リアルだったので実際の事を考えると恐ろしくなりました。犯人との銃撃戦があったのは知らなかったので銃撃戦は驚きでした。こういう実話ベースの事を知るのが好きなのでこういう作品をもっと作って欲しい。ケヴィンベーコン、ジョングッドマンが出演しているのを知らずに観れたので得した気分でした。
DcatcHerK

DcatcHerKの感想・評価

4.2
 テロのことは知っていたが、テロの後も、犯人がいろいろな人を巻き込んで事件を起こしていたとは知らなかった。
 事実に基づく映画なので、犯人を捕まえるための、多くの人たちの苦労が劇的に描かれ、アクションがあるのかと思って観たのだけれど、そこはそれほどでもなかった。もっと深くて、様々な人の普通の人生を、盲信者が一瞬のうちに奪っていき、浅はかな犯人のせいで、巻き込まれた人たちの人生が一変するけれども、巻き込まれた人は、前を向いて歩いていこうとするし、多くの人がそれをサポートする。決して、悲しみにくれる毎日を過ごすのでなく、立ち向かい、新たな人生を築いていく。ありのままを受け入れ、ないものねだりでなく、真摯に歩んでいく。そのことが、しっかり伝わってきたし、人間の強さがわかった。
 マーク・ウォールバーグさん演じる警官は、英雄でもなく、凄腕でもなく、至って平凡で、そんな姿を忠実に演じていた。
 J・K・シモンズさん、ケヴィン・ベーコンさんらも同様。
 真の英雄は、事件に巻き込まれた市民、その市民をサポートした市民すべてだと。