パトリオット・デイの作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 2ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

まさ

まさの感想・評価

4.5
事件の被害者に捧ぐ映画でもあり、愛に捧ぐ映画でもある。

事件が起きた事を記録している映画だが、事件のその先を見据え、愛を持つ全ての人々への賛歌へと最後には落とし込んでいます。

事件が起きて数年で作ったということにかなりの意義を感じました。いつ同じような事件が起きてもおかしくない現代社会においてこの映画は見ておくべき一つのマスターピースだと思いました。

これから先どんなに大きな事件が起きても決して負けてはいけない意思をくれる映画です。
こういうのちゃんと知ろうとしないと、9.11を知らないあの中国人の青年みたいになるのかなと思った。無関係でいられるわけがないよな。
うに

うにの感想・評価

4.0
当時のことはあまり詳細までは知らなかったのでとてもハラハラしながら観れました。
ゆ

ゆの感想・評価

3.5
途中から観た。最終的に感動的な感じにまとめてしまうのか…っていう。
あの事件から5年も経っているのですね。
本当にあったことなんだと思って見るので全くの創作の話とは感じ方が違うのだ。
犯人が捕まってもなおもやもやが残る。
同じことが二度とないように祈るだけ。
まだ記憶に新しいボストンマラソンでの爆弾テロ事件。事実に基づいた感動的な作品ではあるのだけれど、犯人を徹底的なクズに描いているところなどは、プロパガンダ的な匂いがしなくもない。

フェンウェイ球場でのセレモニーでの当時現役のオーティズ選手のスピーチや被害者の前向きな姿勢は確かに素晴らしい。

しかしネットでは証拠写真と共に、実は政府の自作自演でスピルバーグが指揮して撮影したなどの記事が目にとまる。そんな馬鹿げた話があるもんかと思うが、アメリカ政府と軍需産業との結びつきを考えるとあり得ると思ってしまう。
ん〜〜〜

2013年、ボストンマラソンの最中に発生した爆弾テロ事件。陰謀説が絶えなかったこの事件。アメリカ政府がこの事件の首謀者であるという噂は信じたくない。軍需産業で支えられる国の経済を安定させる目的で。そんな事はあるはずが無い。ただ、少なくともいま自分の目の前にあるのはこの映画。

アメリカは巨悪の敵を懲らしめたぞ!
強いボストンが勝利したんだ!

アメリカ人はこの事件をこの映画にあるように理解することで、未来の子供の命を救うことができますか?片側のみの正義の主張だけでは、テロは無くならないだろうと思うから。もしまたテロ事件が発生しても、アメリカの優秀なFBI・警察・行政・町全体が一丸となって犯人を追い詰めるから安心だと言うのでしょうか。

テロリストと呼ばれる人たちが、生まれながらにしてテロリストであったはずは無い。反対側にある正義の主張にも目を向けないと、終わりは無いと思う。
テンポよくカットを切り替えた激しい銃撃戦のアクションと、そこに感動のエピソードを添えた完成度の高いエンターテイメント。
ここで描かれたアメリカン・スピリットに勇気を与えられる人はいるだろうけれど、被害者の中にはそうではない人もいるかもしれない。そして、アメリカを憎む気持ちを逆撫でされた人が出てくることもあるかもしれない。

この映画がアメリカ政府の反証目的では無いことを願う。
実話モノによくある「エンドロールの実際の人物写真」で割とキャストがみんな似てたのがテンション上がった
ただ唯一、主役のマークウォルバーグだけはまったくの別人だったのはご愛敬…
実際の本人がまさかの虚弱系で「序盤でドア蹴飛ばして自分がケガしてたのはこういうことだったのか」と納得
たろう

たろうの感想・評価

4.8
描写が非常にリアル。
犯人が若者二人でも中々解決に至らず、いくつかのミスが生じてしまう。
皆にストーリーがあり、それがいかにぶち壊された事件か思い知らされる。

BOSTON STRONG
当時、この事件をニュースで知ったとき海外はやっぱ怖ぇなぁーぐらいの印象で終わらせてしまっていた自分をぶん殴ってやりたくなりました。

爆発に巻き込まれ命や足を失ってしまった人々。このテロ事件解決のために尽力した捜査関係者やボストンの人々。もちろんその誰しもに様々な想いがあったという当然のことに気付かされました。また一つ映画に勉強させてもらいました。

個人的に印象深かったのが証拠保存のために路上にしばらく放置されっぱなしだった子供の遺体とそれを見張る警察官の表情。さらに爆発に巻き込まれお互いに片足を失ってしまうとあるカップルの末路。どちらのシーンもものすごく胸にくるものがありました。

エンターテイメント性の部分でも2時間越えの大作とは思えないほどの緊迫感の継続性があり最後までハラハラドキドキしながら観れました!

特に爆破テロが起こった瞬間の地獄絵図シーンや犯人達のカージャックシーンの絶妙にリアルな怖さ。

さらに犯人達とボストン市警との住宅街での銃撃シーンの手に汗握る展開などドキュメンタリー映画とはまた違うエンターテイメント映画ならではの良さがふんだんに入っていたところも個人的には高評価。