パトリオット・デイの作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 220ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

テレビ(報道)を見なくなった理由を思い出した。

テレビ(報道)は、事件があったことを教えてはくれるものの、その切り替えがあまりにも早すぎて、いつも腹を立てた。

「では、次のニュースです」

次にいけるわけがない。

事件は、終わりではなく、過程であり、始まりだ。

被害者の心や身体に刻み込まれた傷は、決して癒えることはないだろう。

怒り狂いそうになったりすることもあれば、涙が止まらない夜もあるのではないかと想像する。

そこで彼らは戦っているのだ。

怒りに震えて振り上げた拳が、また他の誰かを傷つけてしまうのではないかと思い、握った拳を解いて我に帰る。

止め処なく溢れでる哀しみの涙が、愛しい人を苦しませるのではないかと思い、涙を拭いて笑顔を振りまく。

この映画の終盤で、被害者や捜査関係者の本人たちが語る言葉や姿、事件当時の数々の写真には、とても感銘を受けた。

悪はどこにでもある。明日は我が身かもしれない。

この映画は、ボストン市民たちがひとつになり、今も戦い続けている証明だ。

“戦い続けるかぎり、善は負けない”と宣言するボストンの声「BOSTON STRONG」に、観る者の魂が震える。
MURANO

MURANOの感想・評価

3.6
ボストンは留学してた街だしマラソンするのも好きなので(^^; ってことで試写にて鑑賞。

実話のテロ事件を記録的に描くことは意味があるし、もちろん硬派な娯楽サスペンスとしてもドキドキしながら観れます。もうひたすら臨場感あり過ぎの映像で、爆破事件も銃撃戦も見応えアリ!

『ハドソン川の奇跡』みたいに事実の暗部にある奥深いところまで追求してる感が薄いのはあんまり好みじゃないけど、まぁでも題名が題名なので…、ど直球勝負のアメリカ映画として大目に見ます(笑)

あと、J.K.シモンズの配役。緊迫してる展開の中に見事にネタを仕込んだところにニヤリ。
tonton

tontonの感想・評価

4.0
実話のドラマ性が予想以上!

テロの首謀者二人が、アメリカは都合のいいように事件を作ってると語るところには衝撃。誤って宗教を理解してテロを正義と思ってるのに、事件の深淵を見た気がしました!

首謀者の妻にも衝撃。

沢山の犠牲者を出し、警察やFBIなどの意地も感じました!

また犯人の友達の態度も驚き。

そしてそれに負けないで頑張っているアメリカの人達の人間ドラマや人間性に感動しました!

沢山、考えさせられました!
Gilles

Gillesの感想・評価

4.5
マーク・ウォールバーグがテロリスト追いつめて、逮捕して終わりだと思っていたら、とんでもなかった。市民の活躍なしでは、この事件は解決しなかったんだなぁ…
実際の映像が時折使われて、それがまた臨場感をアップさせます。
緊張感のなかに、ちょっとした笑いあり、最後はウルッときます。スピーチもよかったな。
実際、ボストンに旅行に行き、きれいな町に感動して好きになったけど、この映画を見て更に好きになりました。
試写会にて鑑賞。
主に銃撃シーンや事件発生時の緊迫感は上手く演出されている作品だった。
まる見えテレビなどの豪華版という印象。

事件の真相や全貌にはあまり触れられず、犯人像についてもほとんど深掘りはされていない。映像的なカメラや演出、構成などに目新しい点はなく、映画としての新鮮さは乏しい。
テーマは「愛の力」だと思うが、周囲の人々の生活を丁寧に描写している分、比較すべき肝心の事件の真相の曖昧さが際立ってしまい、テーマを表現しきれていない感は否めない。
「あの事件とは何だったのか」という疑問が消化されないまま終わる為に、せっかく感動的な筈のラストのインタビューも蛇足感が強くなってしまっているのが残念だ。

個人的な感想を述べると、この手の実話モノでは昨年の「ハドソン川の奇跡」(原題:Sully)が映画的な試みがしっかりなされていただけに、どうしても比較してしまった。
また、実話モノは製作者の視点によって描写が偏りがちなので半端な描写をすると何とも言えない内容になる傾向がある。
この作品について言えば、もっと穿った描き方の方がしっかりテーマを描けたのではないかと思う。
みゆき

みゆきの感想・評価

5.0
自腹で見る予定だったが当たってラッキーだった。報道では知らなかった事もあって面白かった。
sachi

sachiの感想・評価

3.7
filmarks試写会でしたー
ありがとうございました!

実話と分かっているのにとにかくひたすら、ひたすら怖かった。途中でちょっとだけ笑いが起きてたけど、全然笑えなかった。それでも、観て良かったです。被害に遭った方のインタビューが前向きだったのが良かった。

しいていえば、エンドロールの最初の曲が不安を煽るような曲で、最後はさわやかソングにしてほしかったー。(そのあと急に明るい曲が流れましたが、余韻が・・・)
一人のヒーローではなく、一人一人の市民が愛をもって希望に繋げる実話。

ありふれた市民が、家族や友人と過ごす平和な日常を一瞬で奪われる所。そこから町全体で立ち上がっていく所。そして、ラストは涙なしには観れなかった。

最近、ガンファイトの勉強?(笑)をしていたせいか、銃撃戦には興奮が隠せなかった。車の盾の仕方とか、簡単には人は死ねないところと、JKシモンズヤバすぎる!
だけど、凶悪犯探すのに皆拳銃なのには首をかしげてしまった。もっとショットガンを積んどけよ!って心の中で叫んでしまった(笑)

気になったのは、作中では「善と悪の戦いで、愛と憎しみの戦い」と語られていた。テロに立ち向かうのは素晴らしいが、行き過ぎた愛が憎しみと変わらずに、憎しみを連鎖させる未来が来るように思えて仕方なかった。
犠牲になった人々、戦った人々全員が報われる世界になることを祈ります。

いつ最後の別れのキスになるかわからないから、家族や友人、大切な人と観る映画でありました。
あと、俳優たちの渋さとかっこよさとソックリ度が半端じゃない(笑)
ケイ

ケイの感想・評価

3.4
2013年、ボストンマラソン大会の途中で発生した爆発事件。何万もの人がこの日を楽しみにしていたにもかかわらず2回の爆発により一瞬にして楽しみが悲しみと苦しみに変わっていった...

僕はこの作品を見て思ったことがいくつかある。1つは、この作品が実話であるということ。本当だったらこんなに悲しい事件は思い返したくないはずだ。しかし警察の迅速な対応とボストン市民の愛のおかげで無事に解決した。だからこそこれを1つの逸話として映画化し、アメリカ国内だけでなく海外の人たちにもこの事件のことを詳しく知ってほしい。とアメリカ国民は思ったに違いない。2つ目は、日本と違いアメリカでは一般人の銃の所持が認められている。このことから気軽に犯罪を犯すことができる。さらに悪く言えば、気に入らない人がいたら何も考えずにその人を殺すことができる。そんなことをしたら人間の理性が崩壊し、行動が悪化していくばかりだ。社会に対し不満がある人は銃だけでなくそれ以上に脅威がある武器を保持し大規模な犯罪を犯すことも容易だ。この作品を見て少しでも多くの人が人間の命の尊さを理解してくれることを願う。
きむら

きむらの感想・評価

5.0
ローンサバイバー、バーニングオーシャンに次ぎ、マークウォールバーグとピーターバーグのバーグコンビ(?)3作品目。

2つが全然違うタイプのものだってのはわかってるけど、簡単に言えばローンサバイバーとハドソン川の奇跡を合わせた感じかな。

ローンサバイバーも5点満点にしたけど、個人的にはそれを上回ってきた。
そして泣いた。
何も言わずにとりあえず観て欲しい。
終わり方は人によっては偽善者と捉えるかもしれないけど、、笑

これを観て、バーニングオーシャンつまらなかったなぁとか言う人いそうだけど、ピーターバーグ監督のリアリティある描写は本当にすごい。
バーニングオーシャンはメインが人災ってところだからあれでいいんだと思う。


余談
キノフィルムズの廊下の感じと試写室の綺麗さにすごく惹かれて、こんなところで働いてみたいなぁと憧れた試写会でしたとさ。。。