パトリオット・デイの作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 220ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

とり

とりの感想・評価

4.0
サスペンス、アクションそしてドラマーーーーBOSTON STRONG
映画ファンからすれば悶絶するくらい渋くて最高なキャストだけど、きっと端から見れば地味で、実社会の英雄達もまた同じ。様々な道のり(映画ファンが"伏線"って言いたがるやつ)が一つの道に合わさっていく様が見事で、それぞれの背景を知った上で見るので、それぞれの人物に感情移入できる。そしてそれが最後に爆発する。架空の人物を主人公に据えて展開されるファーストシーンはどこかアメリカ的で、この映画の題材として合っているとはあまり思えず、開始早々不安になったけど、杞憂でした。時に『ヒート』かと思うほど(特に住宅街での銃撃戦)、しっかりとスリリングかつエモーショナルな展開(ショット、台詞)によって観客をその渦中に置いて、最後には本来伝えたかったこと、本作を作った意味を語りかけてくる。
O・ラッセルとのコンビを本作同様製作も兼ねた熱量の『ファイター』で終えたウォールバーグがバーグと急接近して作り上げた本・実録三部作は双方のキャリアを素晴らしいものにした、賞レースや評価の高さがそれを表すように。これらで名匠の地位を得つつあるであろうピーター・バーグもノリに乗っている。メッセージ、メタファーの見せ方が本当に多岐にわたっていて巧いし、感情を揺さぶられる。何度も出てくる爆発とカメラ映像に見入る。そしてサウンドトラックがトレント・レズナーだったのか、という。
日テレはじめ日本のバラエティーで見るような話だけど、再現度が、リアリティーが、そして敬意が違う。これを『踊る~』のスタッフとかが作ったらもっと退屈だったし、本来のメッセージを伝えきれなかっただろうな。本格は現実の社会におけるヒーロー達への賛辞、そして愛と希望に満ちている。こんな時代だからこそ正義が勝つという希望がほしい。アメリカも怖い国だけど

結果的に日本公開がタイムリーになってしまった本作を見て、テロの身近さに背筋が凍るほどの恐怖を感じる一方で、それでも負けるな!マンチェスター頑張れ!って強く思う。こういう出来事を他人事で終わらせたら駄目だ。皆で団結して、信じる気持ちさえあれば愛は不死身。愛は憎悪に勝つ。
Let's Go Boston!

TOMATOMETER80%、AUDIENCE87%
Patriots Dayoffers a stirring, solidly crafted tribute to the heroes of a real-life American tragedy without straying into exploitative action thriller territory.
勝手にサントラ♪My Hero
mpc

mpcの感想・評価

3.9
記憶に新しいボストンマラソンの爆発テロ事件
最後に犯人が民家のボートに隠れてた事は報道で知っていたけど、途中の逃亡&銃撃戦は知らなかったのでマフィア映画顔負けの勢いに釘ずけ

宗教的な大義名分も無く、わりと軽い感覚で犯行に及ぶ中東系兄弟
特にほぼアメリカンの弟はあまり罪悪感も無さげ
犠牲者の事を思うといたたまれない

善良な学問都市ボストン市民の結束力の強さが早期解決に結びついたんだろね


バーニングオーシャンに続き実録映画は臨場感半端ない

タバコ車から投げ捨てる警察署長JKシモンズカッコ良かった!
ミケ

ミケの感想・評価

3.5
楽しみにしていた作品で、早速初日の今日観てきましたよ。事件の現場のリアリティさ、緊迫感ある追跡劇。実話の映画化とは思えない描き方で見事に引き込まれました。しかし、残念なのが、やはり全編に流れる米国中心な考え方。犯人は確かに憎むべき輩ですが、以前の米国映画には、その背景に斬り込む鋭さがあったような気がします。そういう意味では今の世相をリアルに描いているのかもしれないと思いましたね。
noobyoo

noobyooの感想・評価

4.0
実録物映画には、良くも悪くも真実の壁がネックとなり盛り上がりを左右させる事がありますが、本作のピーター・バーグ監督は、少しクドいほどのアメリカ万歳感をスクリーンに焼き付け、ある意味エンターテイメント作品に昇天させています。

ボストンマラソンの爆弾テロ現場で、臨時に警備をしていたマーク・ウォールバーグ扮する殺人課の刑事を物語の中心に置き、被害者やテロ実行犯に捜査陣などの事件に関わった人々を多面的に配して群像劇調に構成した脚本が巧みです。

ケビン・ベーコンに、痩せた!ジョン・グッドマンや、J・K・シモンズなどの曲者俳優達を捜査側に配置したのがミソで、何とも言えない重量感を滲ませます。序盤の爆発シーン以降の緊迫感が凄まじく、それはクライマックスの結論まで途切れません。

更に親密度を増して来て、今後も続くであろうマーク・ ウォールバーグ主演×ピーター・バーグ監督コンビによる実録作品に目が離せなくなって来ました。
面白かった〜実話ものは大好物です(^^)
事件はニュースで見てて解決したのは知ってたけど、それまでの過程や犠牲になった人の事をしれたのが良かった>_<

良くも悪くも豪華な再現のアンビリーバボー見てるみたい。
爆発を必要以上に派手にしたりしてないので、ものすごくリアルに感じた。実際の映像も使われてたし。
事件から数年でこういう映画を作っちゃうのはすごいなぁ。
某ドラマみたいに所轄は何もするなとか権威主義の無能が上にいない(笑)ので、それぞれが役割を発揮して犯人の早期逮捕を実現してた。
haru

haruの感想・評価

-
ボストンマラソンの爆弾の事はもちろん知ってたけど、そこから先の事は知らなかったのでずっと心拍数あがりっぱなしでした。
警察官が本当にヒーローで、市民が強かった。
Aikotoba

Aikotobaの感想・評価

4.8
常に緊張感があるのに疲れさせない映画。
音楽、映像共にこだわりが感じれました。実際の映像も所々で使われていて、より緊迫した空気が感じられました。
実際の映像を使った映画はあまり自分には合わなかったのですが、この映画は自然に使われていて違和感がありませんでした。

力を合わせることの絶大さ、愛の強さを感じました。
自分の中では今年一番の映画です。
ひじい

ひじいの感想・評価

4.7
ボストンマラソン爆弾テロ事件の発生から犯人逮捕までの濃密な102時間。

「バーニングオーシャン」から立て続けに実話爆発映画を撮るピーターバーグ。
バーニングオーシャンの石油リグ爆発シーンはシャレにならない大爆発の迫力映像と、ボールのごとく吹っ飛ぶカートラッセルに驚愕。
一方今作の爆発は非常に生々しい。釘が詰まった圧力鍋爆弾。実際の監視カメラ映像と交える演出、叫び声、血だらけの怪我人。映画の爆発シーンでこんなに悲しい気持ちになった映画はない。
ボストンマラソンで湧く街の和気藹々とした雰囲気から一気に非現実に突き落とされる恐怖。

犯人探しに奮闘するマークウォルバーグ、怒鳴るジョングットマン、捜査の指揮をとるしかめっつらのケヴィンベーコン、タバコを咥えながら鬼の形相でハンドルを切り、銃撃戦に飛び込むJKシモンズ。働く車ならぬ働くおっさん好きにはたまらない。

実話といえばピーターバーグという定説が確立されつつある。けど、バトルシッパーをやっている身としてはそろそろあっちの方のピーターバーグを観たいと思う今日この頃。
なると

なるとの感想・評価

4.3
ボストンマラソン爆弾テロ事件の話。
実際知らなかったことがこの映画で知れた。

終盤の被害者たちの涙、マークウォルバーグが愛を語るシーンではとても感動した。
ほんとに被害者のことを考えると辛いし、自分が被害に遭う可能性も0ではないことを考えると怖い。この映画で世界の危機感をも感じされられた。

そしてラストに被害者本人のインタビュー映像、犠牲者への追悼を表した映像が流れたこともすばらしいと思った。

この映画を見て、自分はやっぱり実話モノは弱いなと思った。いろいろ現在のことについても考えてしまう。

世界の危機感をこの映画で感じて映画館から一歩でた瞬間、聞こえてきた声は「あー、パン潰れてる」、なんて平和なんだと思ってしまった。