dai56

パトリオット・デイのdai56のレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
4.0
(オススメの心境)
テロのニュースを見た時
マラソン大会に行く前
恐ろしい気持ちになりたい時

(映画の概要)
ボストンマラソンテロ事件の発生から犯人逮捕までのリアルな経緯を映し出した映画。
なんの罪もない人々の日常が一瞬にして奪われ、ボストン中を恐怖の4日間に陥れた舞台裏に迫る。
見ているだけで恐怖に陥ってしまうリアルドラマ映画。

(映画への率直な感想)
テロの恐ろしさに震え上がり、なんでこんなに残酷な事ができるのかと、よくわからない涙が流れた映画でした。
教育の失敗なのか、元々危険な思想を持って産まれてしまうのか、どうやったら防げるのかを相当考えさせられました。
暴力で解決するテロを絶対許してはいけない。

(映画からの学び)
過激派は自然発生するということを学びました。
テロ組織が長年教育することにより、テロリストが生まれてしまうのだと思っていたのですが、今回の事件はテロ組織とは関係なく、自力で過激派になってしまったということでした。
道徳心の欠如なのか何なのかわからないですが、そんな事があるのかと人間の不思議に触れたような気がしました。