ぼぶ

パトリオット・デイのぼぶのレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
4.0
ボストン ストロング




このテロの作品をみて、海外のテロかーとは安易に思えないほどの身近さを感じた。
それくらいリアルだった。
日本でもいつ起きてもおかしくない、本当にそう思った。
もう当分海外行きたくない笑


登場人物がどんどんストーリーに絡んでいく様はハラハラを通り越して、ハリハリだった笑
当時の映像も使われ、犯人を追い詰める流れは時間を忘れるほど。

犯人側の視点は考えの違いだけでは済まないくらいの感覚の違い。
本当に理解が難しい。

ただ1つ不快だったのは、犯人が捕まった後の、近隣の人の拍手。怪我人だけでなく、死亡も出てる中で両手をあげて喜べるのは他人だからなのか、国民性なのか。

まぁ最後の被害者の言葉はずるい。
思わず泣いてしまったよ笑

とりあえずよかった