ドント

パトリオット・デイのドントのレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
4.4
ウワーーー。ワーーー。これはもう無茶苦茶によかった。2013年4月15日、「愛国者の日」に合わせて毎年行われているボストンマラソンで起きたテロ事件とその捜査を描く実録映画。
全編を貫くドキュメンタリー風の質感と撮影による、何が起きても一歩引いたような冷静さが作品を引き締めている。事件直後の現場のど真ん中に放り込まれたような混乱、FBIらの迅速な仕事ぶり、各種カメラを多用した様々な映像のモザイク、後半に据えられた派手ながらもタイトな銃撃戦と、実録映画の軛を外したようなアクティブさが素晴らしいし、同時に緊迫感と現実性と“面白さ”も決して失わない姿勢が見事。
主人公たるトミーは実は数人の警察官を合わせた架空のキャラなのだが「ドアを蹴破って膝を痛める」とかいうMウォールバーグにピッタリな役回りで開始数分で血が通う。そしてこの膝の痛みは幾度も描かれる負傷者らとも重なる。彼はボストン市民と良心の分身なのだ。
これだけピシッと作ってあるが故に、終盤に傷口から流れ出す感傷が効いてくる。声高に叫ぶのではなく静かにテーマを語る。ゆるやかさを持ちつつ骨の太い、正しくアメリカ映画な逸品。