MN

パトリオット・デイのMNのレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
3.8
2013年の4月に起きたボストンマラソンでのテロ事件を舞台にした作品。主人公の警官、テリー(マーク・ウォルバーグ)の視点で物語は進んで行く。

テロの前後を本物の映像も交えながら観て行くというドキュメンタリーの様な形。事故、事件当時の映像がこの事件の悲惨さを痛感させる。真相の掴めないテロという許し難い行為に警官、市民、国が一つになって解決へ向かう姿には感動させられた。事件の最後には自分も心の底から喜べました。テロの悲惨さ、そして愛の力を学びたい方は是非。