伊集院櫻子

パトリオット・デイの伊集院櫻子のレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
4.0
拉致された中国人の勇気ある行動に仰天。序盤の幸せな日常が一瞬にして崩壊。事件を知ってる人も知らない人も、誰もが見るべき1本だと思った。FBIのデローリエ捜査官似すぎててびっくり。街の悲惨さ、強さ両方が描かれていた。「被害者ではなく平和の大使と考える」という言葉がとても響いた。現場にいた人々が実際に語るラストに感涙。