まねきねこ

パトリオット・デイのまねきねこのレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
4.3
ピーター・バーグ×マーク・ウォールバーグの前作、『バーニング・オーシャン』に引き続き、事実を基にした映画です。事実を基にした映画は、ドラマ性を持たせれば嘘になるし、ドラマ性が無いと映画として面白くない。前作『バーニング・オーシャン』はドラマ性は無かったが石油プラントの爆発という映画としての絵力があった。今作はドラマ性と絵力の両方を兼ね備えた、明らかに『バーニング・オーシャン』のアップデートとなっている。
ストーリーとしては、事実を多角的に淡々と語っているように思えるが、犯人の犯行動機を意図的に省くことでシンプルで分かりやすいものとなっている(これに関しては犯人の1人が死亡しており、まだ捜査段階の為、あえて触れていないとも考えられる)。