塩犬

パトリオット・デイの塩犬のレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
3.3
ノンフィクション作品としてはなかなかの見応えがあった。当時、なぜこんなに早く事件解決に至ったのか不思議で仕方なかったけど今回の映画で、犯人追跡への執念を感じて納得と感動。
やっぱりテロの犯人たちの思想にはついていけないけど、街が大切で守ろうとする住人や警察の思いに胸が熱くなった。事件の被害者は一般人のみではなく、その場に居合わせたり捜査に加わっていた警察もなんだと考えると彼らの仕事の壮絶さを感じる。