supupu

パトリオット・デイのsupupuのレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
3.2
ニュースでちょっとだけ見知っていたボストンマラソンのテロ事件の実話作品。

前半は静かに進むので少し退屈気味、中盤からぐっと引き込まれました。
住宅街で犯人2人を追い詰め、爆弾が飛び交う中での銃撃戦は手に汗握る緊迫感でリアルさが描かれている。

事件の表と裏側が詳細に描かれていて、離れた日本でいかに現実を知らずに、いかに他人事に生活していたのかを思い知らされました。
ラストの被害者の方々と携わった方々のインタビュー、メジャーリーグの試合開始前のセレモニー、片足を失った被害者のラン、犯人逮捕に携わった多くの人の努力、市民の団結、色々と考えさせられた作品。

テロの危険性は殆ど無い平和な日本で暮らしていて良かったと思った今日この頃。