るな

パトリオット・デイのるなのレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
-
ボストンに到着して1週間後に起こった事件について、描かれている映画で、完全に自分の記憶とリンクさせながら観て、終始泣いてしまいました。あれから5年。あの時の、街全体が「Boston Strong」とかかげ、「屈しない!」という姿勢がまざまざと記憶に蘇りました。