もちの

パトリオット・デイのもちののレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
4.0
この映画と同じボストンマラソン爆破事件を題材にした「ボストンストロング」を観るために鑑賞。

本当に起きたことなのか信じられないくらい突然で、悲惨で、思っていた以上に現場の映像がリアルで、見てるだけで辛かった。

そんな絶望的な状況の中でも強くあろうとするボストンの人々は本当に凄いと思うし、本作はそんな人々を通して、テロへの姿勢をストレートに描いていてすごく良かったと思う。

ただ警官、市民、テロリストという3視点で進む分、テロリストのバックボーンでもある、アメリカで育ちながらもイスラム過激派に陶酔してしまったホームグロウンテロという問題をもう少し取り上げて欲しかった。