あさやん

パトリオット・デイのあさやんのネタバレレビュー・内容・結末

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
3.0

このレビューはネタバレを含みます

2013年に発生したボストンマラソン爆弾テロを題材にした作品。

地元警察とFBIとの捜査の指揮権の奪い合い。
捜査視点と犯人視点、そして被害者視点と色々な角度から各人の動きを追う。

テロシーンのカメラワークはバンテージ・ポイントを思い浮かべた。

ノンフィクションではあるが、但し今回ウォール・バーグ演じるトミーは架空の人物である。

最後までテンポ良く進むが個人的にはそれで終わってほしかった。
実際の人物が出てくるパターンには食傷気味の最近のノンフィクション映画である。
今まで感情移入していたのに、一気に冷める。

実際のところはどうだったのか解らないが、アメリカ捜査当局はこんなにすごいんだぜぇと伝えてほしいとでも依頼があったのだろうか・・・。

人はいつ亡くなるかわからない。
今そこにいた人が存在しなくなる。
だから一瞬、この一瞬を大切に生きなければいけない。