ピッコロ

パトリオット・デイのピッコロのレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
4.0
愛と憎悪の戦い   

こっ、これは、なかなか面白かった。
映画館に観に行けばよかったと少し後悔した。

2013年にボストンで起こった爆破テロ事件の映画化。
(この事件を知らない。無知ですみません。いや、知らないんじゃなくて覚えてないだけだ。うん、きっと、そうだ。)

実際の事件の映像をはさみながらのテロシーンは緊迫感がある。
警察が監視カメラで犯人を追う捜査方法も面白い。
ケヴィン・ベーコンが出演してるなんて知らなかったので得した気分だ。
そして大好きなメリッサ・ブノワに途中まで気づかなかった自分が情けない。

最近知ったボストンストロングとは、この事件のことだったんだね。
どんなに辛くても、強く生きねば。
この世界が少しでも平和になりますように。とお祈りしておきます。

悪魔と戦う武器は一つしかない。それは愛なんだ。

wowow