ひろ

パトリオット・デイのひろのレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
3.7
ピーター・バーグが監督・脚本・原案を務めて製作された2016年のアメリカ映画

2013年に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件を題材にした作品。事件発生から早期犯人逮捕に至るまでを描いている。登場人物など脚色されている部分もあるみたいだけど、概ね事実に照らし合わせて描いているらしい。主人公がそもそも脚色みたいだけど、この事件はまだ記憶に新しいので、映像化するに当たって情報は多かったはず。リアリティを感じるのは細かな描写にこだわってるからかな

被害者、被害者家族からしたらあまり思い出したくもない事件だろう。でも人の記憶は常に風化するから、事件を忘れないためにもこういった記録映画的な作品は必要だ。ボストンが結束し、人の繋がり、愛の強さを示したという事実。テロが起き続ける現実に辟易するが、人はテロに屈しないという現実は勇気をもらえる。この作品はそういったメッセージが込められた作品だと思う

犯人を追う警察官や捜査官を演じたマーク・ウォールバーグ、ケヴィン・ベーコン、ジョン・グッドマン、J・K・シモンズといった渋いキャスト。それぞれの役にハマってて良かった。正義感が強そうな顔付きの俳優ばかり。ケヴィン・ベーコンは悪役もよくやったけど、いい感じに歳を取った。J・K・シモンズは脇役なのにちゃんと目立つんだよなあ。煙草を吸う仕草なんかかっこいいし

テロを扱った作品をテロの犠牲者が観ても慰めになるか分からない。反戦映画は戦争反対というメッセージがあるわけで、テロを扱ってテロ反対と言ってもテロする人が観てる可能性は低いから難しい。そうなると国民を一つにまとめる的な作品にするしかないのかな。まあこんな映画を作らないでもいい世の中になって欲しいものだ