wedge

パトリオット・デイのwedgeのレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
3.7
実際の出来事を描く難しさの中、
リアリティと娯楽の、
バランスが良くてのめり込めた。

一般人が多いというか、
地元警察含め一般人しか出ないけど、
そういうもんだよね、現実。

だからこそ、自分に重ねやすい。
悲劇も身を刺す実感。

大衆受けは良くないかもだし、
若干のナショナリズムはある
(というよりは地元愛か)

腰を据えて見てほしい。