ムビ太郎

パトリオット・デイのムビ太郎のレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
3.7
当時、この事件をニュースで知ったとき海外はやっぱ怖ぇなぁーぐらいの印象で終わらせてしまっていた自分をぶん殴ってやりたくなりました。

爆発に巻き込まれ命や足を失ってしまった人々。このテロ事件解決のために尽力した捜査関係者やボストンの人々。もちろんその誰しもに様々な想いがあったという当然のことに気付かされました。また一つ映画に勉強させてもらいました。

個人的に印象深かったのが証拠保存のために路上にしばらく放置されっぱなしだった子供の遺体とそれを見張る警察官の表情。さらに爆発に巻き込まれお互いに片足を失ってしまうとあるカップルの末路。どちらのシーンもものすごく胸にくるものがありました。

エンターテイメント性の部分でも2時間越えの大作とは思えないほどの緊迫感の継続性があり最後までハラハラドキドキしながら観れました!

特に爆破テロが起こった瞬間の地獄絵図シーンや犯人達のカージャックシーンの絶妙にリアルな怖さ。

さらに犯人達とボストン市警との住宅街での銃撃シーンの手に汗握る展開などドキュメンタリー映画とはまた違うエンターテイメント映画ならではの良さがふんだんに入っていたところも個人的には高評価。