あおい

パトリオット・デイのあおいのレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
3.5
愛ゆえの憎悪、愛ゆえの執念、愛ゆえの結束…Boston strong、、

マーク・ウォールバーグ主演の史実シリーズ。「ボストンマラソン爆破事件」を描いたリアルな逮捕劇。ニュースの詳細を理解する助けにとてもなる映画( ^ω^ )

どういった経緯で、どのような犯人が、何を使って犯行に及んだのか?またその犠牲や、事件解決に奔走したあらゆる人々のことが分かる。ほぼ戒厳令のようなものが出ていたり、大規模なタスクフォースが結成されていたりとかなり大事件やったこが分かります。

この事件は爆破後にも、かなり様々な出来事がありテロリズムの怖さも実感します。特に警官から銃を強奪した事件は恐ろしすぎました。また、普通に市街地で銃撃戦が繰り広げられるところに、アメリカという国自体への怖さも。

普通に住宅地にSWATが来て、犯人確保ってドラマみたいって思ってまうけど、これがアメリカの現状なのですね。

罪の無い人を巻き込むのは良くないですが、側からみてたらアメリカの圧倒的な地位を感じずにはいられない。迫力もあり、事件を知れるという意味では良い映画ですが、アメリカ人でない以上アメリカわっしょい映画を素直に楽しめることはできないのかもしれません。