marz

パトリオット・デイのmarzのレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
4.0
2018-067

『ローン・サバイバー』の時といい、この監督にはいい意味でダマされる。
普段、概要をさらっとみて観たいと強く思う作品はあまり情報を入れないようにしているのもあって、今回も割と普通のアクションもの(『ピースメーカー』のような)と思って観たら全然違ってましたね。

バーグ監督の演出は割と冒頭から観る側に緊張感を持たせて、それを保ち続けるので作品の中に入りやすいです。

マーク・ウォールバーグ主演とはありますが、出ずっぱりではないです。主役をわかりやすくヒーローとして描くような、映画的なカタルシスをあえて入れないことで作品としての印象が強く残ります。

こりゃあ『バーニング・オーシャン』も早く観ないと^ ^