GAKO

パトリオット・デイのGAKOのレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
4.3
実話ベースのドキュメンタリータッチ作品ですが、中弛みなどせず終始見入っていました。
"爆弾の位置をもう少し高く設置すればよかった" と言う犯人の考えに、本当に救いようのない人物なのだなと、痛感しました。