KANIO

パトリオット・デイのKANIOのレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
5.0
2013年のボストンマラソン爆弾テロ事件を題材にした作品。

あくまでもFBIや警察などの捜査側に絞った視点で描かれているため、実際混沌としていた市民や容疑者の家族側の描写は少ないものの、この作品が誰に捧げられた映画かという所で見るとこれはこれで正しいアプローチの作品に思える。

ピーター・バーグは張り詰めた緊張感を描くのがめちゃくちゃ上手い監督だよね…。