akane

パトリオット・デイのakaneのレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
4.1
2013年のボストンマラソンで実際に起きた、爆弾テロの話。事件発生前と最中、事件発生後の被害者、警察官、犯人の目線からなど、様々なところに重きを置いていました。

「ボストンよ、強くあれ」と事件発生2日後に、市民の声が上がったことにはとても驚きました。人々はその惨劇で、たくさんの物を失ったにもかかわらず、憎しみを愛で救ったのです。憎しみを愛で救う事が、最初は理解できませんでしたが、事件発生後にすぐに怪我人に手を差し伸べた人の多さ、被害者が大きなものを失ったにもかかわらず、それにめげることなく、前に進もう進もうとする力。とにかくこの映画を観ると、言葉にするのは難しい部分も、そのテーマがよく理解できます。エンドロールは特にそれを感じるので、必見です。

ただ、実際に起こった事件を元にしているため、かなり痛ましいシーンもあります。苦手な方はお気をつけください。ですが、そのシーンがあったからこそ、実際に体験していない私たちでも、少しだけ気持ちに寄り添えたのだとも感じました。自然と生きる希望が湧いてくる映画です。