ake

パトリオット・デイのakeのレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
4.0
事実に基づいた映画です。

舞台はボストンマラソン
ここで起こった無差別爆弾テロ事件の発生から、犯人逮捕までの物語です。

想像していたより凄い映画でした。
もう凄いリアル

最初は静かに始まり、マラソン大会に向かう参加者達の日常が映されます。

そして2人の犯行で爆弾が爆破
多数の死傷者を出します。
マラソンの警備を担当していたトミー(マーク・ウォールバーグ)を中心に犯人の捜査を開始する。

視聴者側には犯人が誰か分かっているので、この映画の見所はテロを始める犯人の様子や、巻き込まれた人達のドラマ、如何にして警察が犯人を探すかです。

監視カメラから犯人を探す警察
犯人を見つけてからの逃走劇
最後の銃撃戦の迫力

最初は、リアルよりだから静かな映画だなーって思ってましたが
爆弾が爆発してから物語が加速し
クライマックスに向けてどんどん映画に引き込まれます。

テロ現場がリアルで中々残酷なシーンありますが
犯人逮捕までの102時間!
緊張感MAXで楽しめました😊