tkskk

パトリオット・デイのtkskkのレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
-
被害者のトラウマが心配なくらいリアルな現場だった。FBIの調査も残された物証を並べたり、つぶさに監視カメラを調べたり、地味な作業で証拠を掴むシーンに感心する。物語として複数の登場人物にスポットが当てられるけれど、街全体の人々の協力がなければ為しえなかったのだろう。
しかし、水を差すようだが、犯人側の考え・思想や主張がわからないまま、あっさりと終わってしまい、被害者意識だけの感動物語に染め上げられている、と批判もできよう。