warderbrothers

パトリオット・デイのwarderbrothersのレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
4.4
ー感想ー
いい映画を見た時の涙がでちゃいました。
「愛国者の日」に人々をどん底へと陥れるべく実行されたテロ行為がまさか愛国心を高めることになるなんて、、
Patriot Day が本当にPatriot Dayになったんですね。自分の街で同じことが起こったら同じように団結力を見せるのでしょうか。もちろんないことを祈りますが。


ー考察ー
「小さい組織を舐めるな」
悪と闘えるのは『愛』(愛国心も同じ愛の類なのか?)しかないというのが本作のメインテーマだったと思うのですが、同時にFBI等の大きな組織への批判も数多くされていました。
批判の内容というと多方面からの責任を負ってしまうが故に行動力が劣る点と、身近に感じず意欲的に取り組めない点が挙げられます。
当たり前のように大きな事件はFBIが指揮をとっていますが、地元警察との密接な連携がいかに大切かということがよくわかりました。