あらた

パトリオット・デイのあらたのレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
3.7
ボストンマラソン爆弾テロ事件を題材にし、事件発生前夜から犯人逮捕までを描く。
実際の事件映像や写真も盛り込まれていて、ドキュメンタリーの匂いがする。実際の事件を調べ尽くして作られている。こんなに克明に近い過去の凄惨な事件を再現してしまって良いのだろうか、とうろたえを覚えるほど。
また、群像劇的に物語が描かれており、登場人物の一人一人が事件とどう関係するのかを考える面白みがあった。

アメリカの市民社会の称揚というテーマには特に異論はないのだが、一方で、犯人たちがただのイスラム系の陰謀主義者としか描かれないこと、またそういう存在が社会に生まれてしまったことへの批判的視点に欠けていることに、飽き足りなさを覚える。