ゆう

パトリオット・デイのゆうのレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
4.0
舞台は2013年のボストンマラソン。
実話を元にしているので、非常に感情移入できた。
実際の映像も所々に混ざっていてリアリティが感じられる2時間だった。
一瞬で現場は地獄絵図になっていて、まるで当時の現場に居るようだった。
マーク・ウォールバーグはTedとは違う方向で名演技だった!