Eri

パトリオット・デイのEriのレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
3.6
2013年のテロ爆弾事件。
3人の死者や重軽傷者が多いことに大変心が痛みます。
銃撃戦は脚色されている部分はあると思いますが凄いシーンでした。
あの通りに住んでいる人達はさぞかし怖かったことでしょう。
犯人確保のためにロックダウンするなんて警察の本気も伝わりました。
犯人はどのような心境だったのでしょうか。なぜそこまでして爆弾を仕掛けたのか、ニューヨークにまで行こうとしていたのか。
テロを起こす人の考えや思想はその人にとって命を懸けて行う意義があるのでしょう。
信仰を否定する気はありませんが、行き過ぎることや歪んだ捉え方をすること、それを信じきっているということが怖いです。