おんちゃん

パトリオット・デイのおんちゃんのレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
4.4
「絶望のなかの希望。
愛は何者にも勝てない」

✼感想✼
マーク・ウォールバーグ主演作。
ボストンマラソン爆弾テロ事件を
ドキュメンタリー風に映画にした作品。
この作品を見るまで正直この事件のことは
完全に忘れ去ってしまってました。
この事件の背景にはたくさんの人の
協力や行動が積み重なって街や国全体で
解決した事件であったと言っていい。
最初は辛いシーンが続いていて
画面を見てるのも辛いが、これは決して
1人の人間として忘れてはいけない
事件であったと改めて感じさせてくれる。
自分はこの映画を見て、この事件はこれから
忘れることはないであろう。

✩感想②✩
生きる希望があれば人は強く生きれる。

✵あらすじ✵
2013年4月15日。
殺人課の刑事“トミー”(マーク・ウォールバーグ)は
朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。
オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、
毎年祝日である『愛国者の日』に開催され、
117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。
次々と走者がゴールインする最中、
トミーの背後で突如大爆発が起こる。
歓声は悲鳴に変わり、逃げ惑う人々と折り重なって
倒れる負傷者で現場はパニックとなった。
到着したFBIの“リック”(ケヴィン・ベーコン)は
現場に散乱した金属片を見ると
「これはテロだ」と断言。テロだとFBIに管轄が移る。
犯人逮捕に燃えるトミーは歯ぎしりをするが、
病院を回って負傷者たちの話を丁寧に
聞いてまわるのだった。
やがて監視カメラに映る不審な『黒い帽子の男』と
『白い帽子の男』が容疑者として浮上し、
事件はアメリカ全土を揺るがす
緊迫した事態へと発展していくのだった。。。

✣参考サイト✣
http://www.patriotsday.jp/sp/index.html