濱田良章

パトリオット・デイの濱田良章のレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
3.5
実在の事件の映画化なので登場人物は全てモデルがいるのだが、FBIの神経質そうなケヴィン・ベーコンがちょっとクセになる。