たたた

パトリオット・デイのたたたのネタバレレビュー・内容・結末

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

実話はやっぱ強いと最近よく思う。

事件に関わった人たちの群像劇になっていて、冒頭から登場人物の日常が順番に紹介される。
次も関係者かと思いきや、なんか雲行きが怪しくなって実は犯人でしたっていう演出こわ😨

犯人を確保する際の市街地での攻防戦で当時ニュースで見た記憶が蘇った。
そこまでの経緯で色んな人が犠牲になったり、捜査に貢献したりしてたことを知れてよかった。

最後に本人が顔出しで語ってた。
こういうところアメリカだなぁって感心する🇺🇸