パトリオット・デイの作品情報・感想・評価

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

Kino

Kinoの感想・評価

3.5
2013年ボストンマラソン爆破テロ事件を扱った『パトリオット・デイ』素直に良かった。犯人の言葉にもある通り、僕らはテレビでの事件しか知らず真相なんて知らない訳で。今年は『バーニング・オーシャン』に続きピーター・バーグ×マーク・ウォルバーグ骨太2作を劇場で観れる熱い年。
ペコ

ペコの感想・評価

3.5
悲惨なテロ事件だった事を改めて痛感させられました。
ぺ

ぺの感想・評価

4.2
ケヴィンベーコンが出てきた瞬間勝利を確信してガッツポーズしてしまった。
Toku

Tokuの感想・評価

3.2
気になった音楽たち
Dirt Road Anthem/Jason Aldean
The Night Drive/Trent Reznor
Escape/Trent Reznor
Forever/Dropkick Murphys
わに

わにの感想・評価

4.0
記録。
GoMaeda

GoMaedaの感想・評価

3.8
悲惨な実話ベースを
見事なエンターテイメントアクション
として完成させている。
誤解を恐れずに書くと、
おもしろかった。
そして、
ハラハラドキドキの持続力が凄い。
ただ、
ラストのヒューマニズム映像、
メッセージは個人的には好きではない。
亡くなった方、被害者遺族は
そんな風には感じていないのでは?
と思う。
実際に5年前にアメリカで起こった爆弾テロの話。
外国で起こった単なる他人事で終わらせてはいけないテロ。映画を通して体験することで、このテロに対して、グローバルな時代における当事者意識を芽生えさせてくれる。
主人公の描き方などの脚色に関して、地元紙から「本物ではない」などと酷評されている事を差し引いても、見る価値がある。
hase3001

hase3001の感想・評価

3.5
ボストンマラソンを襲ったテロ。
その前夜から、当日。
そして、犯人逮捕までを描いた映画。

映画には、平穏な雰囲気が、一転する瞬間までの
心の準備ができる。

もしも、身の回りにその瞬間が現れたらと思うと、
恐怖しかない。

ラストでは、「愛」という言葉でしめくるられるが、
まるでそんな言葉では、締めくくることはできない。

どの役者を見ても、映画だという気持ち以上の
何かを感じてしまう作品だとおもう。

平和な世界が、続けばいいのにと、つくづく思う。
使われてる、当時のリアル映像の量が適度で良いと思う。
リアル映像が、邪魔しない程度に絶妙な加減で、物語に重みづけをしてくれていた。
いい映画だった、かっこいい、感動
>|