パトリオット・デイの作品情報・感想・評価

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

Kino

Kinoの感想・評価

3.5
2013年ボストンマラソン爆破テロ事件を扱った『パトリオット・デイ』素直に良かった。犯人の言葉にもある通り、僕らはテレビでの事件しか知らず真相なんて知らない訳で。今年は『バーニング・オーシャン』に続きピーター・バーグ×マーク・ウォルバーグ骨太2作を劇場で観れる熱い年。
健多郎

健多郎の感想・評価

4.0
テロリストを追うはなし

ボストンマラソン爆弾テロ事件を基にした実話系映画
約80時間で解決した事件を一人の警官目線で追います
監督のピーター・バーグと主演のマーク・ウォールバーグのバーグバーグコンビはしょっちゅう組んでる気がするんだけど、デキてるんでしょうかこの2人

実話系映画は好きなのでよく観ますが、これは実際に事件が解決するまでの密度が濃いからかエンタメ性とスピード感があったのが良かったですね
実際の事件の経過と照らし合わせても脚色がそう多くは無いようですし、そもそもセンセーショナルではあるんですが…
この言葉が妥当だとは思いませんけど、見どころが多くて面白かったです

最後に4名の被害者への追悼文が表示されてましたけど、被害者で最年長が30歳というのは結構キますね…
死者が少ないからこそ現実味が強くて、余計に悲しくなります
実話そのまんまの再現をしたり、実際の映像を用いたりして、この事件について観客に考えさせることはできていても、それは世界仰天ニュースのような番組でやっても良いのであって、映画としての意義がない。
実話を元にするなら、それを通して伝えたいこと・訴えたいことを色濃く表現しなければならないと思った。そうでなければただのVTRと変わらない。
着色不足!
実にヒリヒリする作品でした。
最近の実話の映画化は、周期が早いですね。何十年も前の事件ではなく、2013年に起きたボストンマラソンの爆破事件を描いてます。
だから、観客の記憶にも新しい。
ただ、詳細は知らなかったので、どんな人達が関わっていたのかは今作で初めて知りました。
冒頭の様々な家族の風景を描いていくシーンで、多分この人達が事件に巻き込まれてしまうんだな、こんな幸せな時間が奪われてしまうのかな、と、そこから不安が渦巻きます。
ボストンマラソン当日。とても歴史の古いマラソンということもあって、参加者も観客も多くの人で賑わいます。
そこに紛れ込む、大惨事を目論む兄弟。
もうこの辺りが、心臓バクバクです。
分かっていても、いつ爆発が起こるのかと、画面から目が離せなくなってしまう。
そして、映し出される爆発の瞬間。
現場は混乱を極めます。
警備にあたっていたマーク・ウォールバーグ扮する刑事トミーは、懸命に現場に指示を出します。救急車の要請、搬送道路の確保、マラソンの一旦中止。どこから手をつけていいか、分からなくなりそうですね。
爆発に巻き込まれた人達が、次々と病院に運び込まれます。その中で、子供や妻と離れ離れになってしまう人も。
現場にはFBIも到着、事件はテロの扱いになり、捜査の主導はFBIの手に移ります。

よく映画で描かれますが、警察とFBIの相性はよくなくて、いつも主導権争いしますよね。
実際を僕も見たことはないから分かりませんが、本作の地元警察とFBIの間には、あまり壁がなかったように見えます。お互いがすんなり協力体制を取ります。
まぁ映画とかの描かれ方が極端なんですかね。実際事件の流れはこんな進み方をしたんでしょう。
FBIにケヴィン・ベーコン、こういう役合いますね。
勿論主役は最近実話ものに欠かせないウォールバーグ。
どこにでもいそうな雰囲気だからなんですかね(笑)。
彼も現場の猛者が似合います、良い意味で。
その彼も悩みを抱えているんです。自分が電話をして呼んだばかりに、奥さんを現場に居合わせてしまったこと。許して欲しい、と奥さんの前で泣き崩れます。

現場の遺体を動かしてはいけないと、その場で何も手を出せずにただ見守りにだけ立つ警官の姿、あまりにもやるせないです。
それから、MITの警備員、言葉に出来ません。

少ない出番ながら、J.K.シモンズもいぶし銀の好演。
「セッション」のインパクトが強いだけに、意外です。

犯人を捉えようと、警察もFBIも一丸となって事件を追います。
やがて、ボストン市民も団結力を見せ始め、その姿は分かっていても感動的です。
ボストンの皆さんは地元愛がとても強いのだそうです。
今回の事件は、図らずもそのボストン市民の力を示す機会になったのでしょう。犯人達は、市民や警察の大きな怒りをかったのです。

爆破のシーンもそうですが、終盤の銃撃戦も、とんでもない迫力です。たった二人の若者を相手に、警察は総力をあげて挑みます。
それはそうです、警察官だって生身の人間、家族がいるのですから。犯人の素性も分からず、ましてや爆弾も持っているか分からない。

アクション映画とかで、一人とか二人相手に、馬鹿みたいに大勢で向かうことあるじゃないですか。
その方が主人公とか悪役の無敵ぶりが際立つ訳ですけど、本作を見て、いや、違うんだな、と思いました。
相手がどんな人間か分からないから、どんな武器や手段を使ってくるか分からないから、自分の身を守る為に、大勢で事にあたるんだな。それは相手が強いからじゃなくて、家族のことを考えたら、無茶なことは絶対に出来ないんですね。警察の皆さんも必死なんです。実話だから勿論その通りに描いたんだけど、その描写が凄く印象に残りました。

本作を見て、一度はボストンに行ってみたくなりました。
音楽も良かったんですが、トレント・レズナーが担当していたんですね。
最近はこの人も映画のサントラをよく手掛けるようになりましたね。

アンタッチャブルという映画で、ショーン・コネリーがケヴィン・コスナーに警官の心得を伝授します。

「職務を終えたら、生きて家に帰ること」

それを思い出しました。警察って、命の危険と隣り合わせの仕事ですもんね。
見入ってしまう映画。
ボストンマラソンでの爆発事件を忠実に
描いていて当時の色々な人々の状況を
知ることができた。
あお

あおの感想・評価

3.8
何気ない日常が急に脅かされる

ノンフィクションだからこそのリアリティがすごかった
田上

田上の感想・評価

4.0
ピーター・バーグ監督良い映画撮るよね〜。
『コラテラル』にちょい役で出てた人がこんなに監督としての技術もあるとは驚き。
こういう重厚な映画撮らせたら抜群やね。
バトルシップはコケたけど。

テロの映画ってことでとても考えさせられる。
平和な日本に生きてるけど、いつ起きてもおかしくないから。
テロは防げないという事実。
いつ死の危険が訪れるかわからないけど、いざとなったら勇敢に行動できるようにしなきゃいかんなぁと思いました。
凄い映画を
観てしまった
yas

yasの感想・評価

4.0
マーク・ウォールバーグかっこいい
>|