パトリオット・デイの作品情報・感想・評価

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

4.0

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

Kino

Kinoの感想・評価

3.0
2013年ボストンマラソン爆破テロ事件を扱った『パトリオット・デイ』素直に良かった。犯人の言葉にもある通り、僕らはテレビでの事件しか知らず真相なんて知らない訳で。今年は『バーニング・オーシャン』に続きピーター・バーグ×マーク・ウォルバーグ骨太2作を劇場で観れる熱い年。
yori

yoriの感想・評価

4.0
日本では考えられないアメリカの色んな意味でのリアル。
taiki

taikiの感想・評価

3.5
テロの発生率が高くなった現在、死者数などを見れば決してこの映画の題材となったテロというのは注目に値しないものかもしれない
しかしそもそもテロの規模感で比較できてしまっている現状こそが異常であり、もはや日常化し慣れを感じてしまっていることが恐怖でさえある
ボストンという一つの街で起きたテロ事件ではあるが、そこに住まう人々、そしてそれを遠い世界から目の当たりに人々がそれになにを思い、感じるかは個人差があるものの、
恐怖と悲しみの先に、そこに関わった人々の強くたくましく生きていく強い意志と、一つになれる勇気に感動する

随所に本物の映像を使用し、ドキュメントを見ているような感覚にもなる
この事件そのものを深く知らなくとも理解できる
Junkers

Junkersの感想・評価

3.5

ボストンマラソンで起こった爆弾テロによる悲劇。
3人の犠牲者(犯人を含む関連死は計5名)に300名近い負傷者。

そんな惨劇の中、102時間という短時間で犯人を拘束できた奇跡を描く映画である。




うーん🧐
正直、その102時間というスピードで犯人拘束という事実、たしかに凄いことなんだろうし、数々の奇跡が重なって実現したというよな謳い文句もあったもんだから正直、その凄さが分かりづらい感はある。


どちらかというと、このテロにより被害に遭い、犠牲になった人々へのリスペクト映画として観れば印象も変わる気がする。

最後の5分、本人たちのインタビュー、そして亡くなられた4名の写真と名前はいたたまれない気持ちになる。



映画そのものも丁寧に作られていて好感が持てる作品ではある。
今までに実話を基にしたローン・サバイバーやバーニング・オーシャンなどの名作を生み出したピーター・バーグ×マーク・ウォールバーグの第三作目。まず最初に一言いうと今作もめちゃくちゃ良かった!!この二人のタッグ作品の中で一番面白かったです。今作はどちらかというとマーク・ウォールバーグが主役というより主要登場人物全員が主役な感じがしました。テロを企てる爆弾魔,ボストンマラソンで被害にあった一般市民,爆弾魔を追う警察とFBI,事件に巻き込まれる青年,それぞれにスポットが当ててあり色んな方面から同時系列にストーリーが展開していくのでかなりリアリティがありました。話は盛ってあるとは思いますが爆弾魔と警官の銃撃戦は迫力があり、かなり良かったです。そこは流石アクションの帝王ピーター・バーグと言うしかないですd(ゝω・´○)最後まで緊迫した空気が流れており実話なので最終的に犯人が捕まるとわかっていてもドキドキハラハラ出来ました。気になっているなら是非見るべきです!!
後半少し愛だ愛だとくどい演出がありますが、まあ普通に楽しめる。
前半カメラの切り替えの早さにイライラ、でも後半の緊張感など盛り上げ方が上手いのはこの監督の手腕でしょう。
ピーターバーグとマークウォルバーグ
タッグによる実話第三弾‼︎
この2人のコンビは本当に
良い映画を作ると思う。
Oliver

Oliverの感想・評価

4.0
事実に基づいて忠実に描かれた、現実に起こったとは信じられないほどの緊張感。

こんな悲惨な事件を目の当たりにしてしまったら、どんなに訓練された警察であっても、瞬時に状況を判断することはできないだろう。それをボストン警察やFBIは短時間で犯人逮捕まで辿り着いた。彼らの自分たちの街への誇りと愛情、そして最後まで諦めない執念がこの結果に繋がったのだろう。

こんなにもテロを実体験のように感じさせられる映画に出会ったのは初めて。あらためて恐ろしさを実感した。
miyu

miyuの感想・評価

4.0
実話だったのね〜。。。

ラストの実話だった…って部分に涙止まらず!!

アメリカらしい映画で、これぞアメリカ🇺🇸って思えた。。。

愛…を感じる部分にグッとくる!

テロで亡くなったヒトを思うと
許せない気持ちになる…

テロをして、世界を変える事なんて出来ないょ。。。
JING

JINGの感想・評価

3.0
残すべき忘れてはいけない作品。
>|