パトリオット・デイの作品情報・感想・評価

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

SNSで評価が高かったので鑑賞。悲劇を基にしてる実話だと、最後はこう締め括られるのが多い。
衝撃でした
中々に見応えがある作品。
ドキュメンタリータッチで、多少着色はあれど事件解決までの詳細が警察視点と犯人視点で見ることができ、かつ映画としても緊迫感が維持された状態で2時間に纏まっており良作。

亡くなった子供の元で立たされ続けた警官は何を思うのか…
被害にあった家族の事を想うと胸が締め付けられる。
うーん。どうもこう書くと安っぽい言葉になってしまうけども…


改めて平和な日常っていつどこで壊されるかわからないんだよな。と実感させられる。
近年日本ではテロ事件は起こってないにしても、昨日の今頃は予測もしていなかった事件や事故に巻き込まれることもあるし、常に注意しながら歩くか、休みの日は家に引きこもってるかしようと思う今日この頃。

特に交差点ではプリウスに気をつけないとね…
MisoLee

MisoLeeの感想・評価

4.6
2013年ボストンマラソンで起きたテロの実話。悲しい悲しいけど けどこれが現実なのが今のご時世。普通に泣きました。ボストンマラソンを題材にしてる映画が2つあるみたいなので もう片方のボストンストロングも観ようと思った!
またマーク・ウォールバーグが筋トレしてた。信頼と実績と安定のピーター・バーグ作品から感じるマイケル・ベイ&トニー・スコット感。つまり最&高。最低最悪な事件の実話を駄作にするわけにゃいかないんで、いい俳優いい演出でキッチリ抑えてますよ。あと取調べのエチオピア人みたいなおばさん強烈。
迫力満点、テンポよし。
だが後半の犯人が爆弾を乱発するシーンは疑わしい・・・
jeanoak

jeanoakの感想・評価

3.5
同じボストンマラソンのテロを題材にした「ボストン・ストロング」が被害者に焦点を当てた映画なら、こちらは犯人に焦点を当てた映画。両方観ると事件の様々な側面を見ることができる。
爆破シーンやその後の犯人捜索シーンなど緊張感があり、生々しい。倉庫でシミュレーションする様はアメリカでは一般的なことなのか?どんなにテクノロジーが発達してもアナログに立ち返ってシミュレーションするとリアリティが湧いてくる。

この映画に限らず、アメリカの映画は事実ネタは、映像に実映像がチョコチョコ挿入され、それがまた臨場感を醸し出している。
quu

quuの感想・評価

3.9
え、これ実話?ってなるぐらいこわい
アジア人の勇気に拍手
最後のスニーカーが印象的
ひとみ

ひとみの感想・評価

3.8
言葉にし難い……ボストンの事件について全く何も知らない状態で見たが、爆破前の人々のささやかな幸せ、爆破後に一変してしまった生活と心情、でもそこで屈せずに支え合い立ち上がる人々の姿がとても刺さった。泣きながら見た。とても良い映画だった
(主役のキャラクターは実在しないということに驚いた)
>|