パトリオット・デイの作品情報・感想・評価

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

滝和也

滝和也の感想・評価

4.3
ボストンマラソン
2013
無差別テロ
事実、

そして
「ボストンよ、強くあれ」

その悲しみに、愛に、強さに、見たものは泣くことしか、できないのか、祈るだけなのか。怒りに震える心、人の狂気と愛と強さをストレートに叩きつけ、祖国とそこに住む人々を讃える真実の物語…。

「パトリオット・デイ」

ボストンマラソン2013に悲劇は起こる。ゴール手前に置かれた爆弾は、観衆3人の命を奪い、多くの被害者を出した。ボストン市警、FBIは総力を上げ犯人を追う…。

ピーター・バーグ監督はアメリカの悲劇を連続して映画化。今作は3作目にあたる。その骨太でストレートなタッチは見るものをその場所に引き込む力強さを持つ。真実を映画化することの力強さは勿論、その構成力により、共感を引き出し、見るものへ深い感動を与える。前2作がマーク・ウォルバーグを主演とし英雄的に動かしたが、今作は彼を抑え目にし、狂言回しとし群像劇としたことがより、深い感銘を与えてくれている。

被害者たち、追う警察官、犯人とそれぞれの爆発前からを描き、伏線とし、後半からラストにかけ回収することにより、人の狂気と愛と強さを畳み掛けてくる。この構成手法で全く逆の人の弱さを映し出した「ある戦慄」を思い出した。

又事実の重みと迫力を増す、差し込まれる実際の映像、実際の映像に近い監視カメラの様な映像。乾いた画像であるが故に緊迫感を盛り上げていく。爆発前後、犯人逃走から検挙に至るまでのシーンは白眉だ。

事実であるため、結果は分かっているものの、監督の力量と演者の熱演、不気味な音楽により、感情を揺さぶられ、目を離せない傑作に仕上がっている。是非これは見てほしい。

2017も終わろうとしているが、今年もテロ事件は止まない…。その憎悪と憎しみの連鎖は遥か昔に種をまかれ、今もその連鎖は止まることがない…。命の重みを説かない宗教などありはしないはずなのだが…。

追記
置き去りにされた遺体、その前に立たざる得ない警察官の怒りと悲しみは幾許か…。名シーンと呼ぶには憚られるが、何よりも印象深い…。
YASSAI

YASSAIの感想・評価

4.2
ラストのボストン市民の愛と勇気に満ちた姿がとても印象的だった。
実録なのにドラマチックなのは素直にスゲー。
ピーター・バーグ×マーク・ウォールバーグのタッグは良作ばかり。
2013年のボストンマラソンでの爆弾テロ事件の映画化。
自発的なテロってを防ぐのって不可能でしょって思った。


2017/11/18 Blu-ray
うめ

うめの感想・評価

4.3
緊張感が凄まじい。こんなことが本当に起きてたとは!?知らなかった自分が恥ずかしい。
『テロ許すまじ、アメリカ〜!
一致団結、アメリカ〜!!
アメリカこそ、正義〜!!!』
感の圧がスゴい(´・_・`)
アメリカ万歳映画の中でも上位に入るやつ✋
実際に起きたテロ事件を題材にしたのでスリリングに話が進んでアクションもあり楽しめた!
>|