パトリオット・デイの作品情報・感想・評価

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

滝和也

滝和也の感想・評価

4.3
ボストンマラソン
2013
無差別テロ
事実、

そして
「ボストンよ、強くあれ」

その悲しみに、愛に、強さに、見たものは泣くことしか、できないのか、祈るだけなのか。怒りに震える心、人の狂気と愛と強さをストレートに叩きつけ、祖国とそこに住む人々を讃える真実の物語…。

「パトリオット・デイ」

ボストンマラソン2013に悲劇は起こる。ゴール手前に置かれた爆弾は、観衆3人の命を奪い、多くの被害者を出した。ボストン市警、FBIは総力を上げ犯人を追う…。

ピーター・バーグ監督はアメリカの悲劇を連続して映画化。今作は3作目にあたる。その骨太でストレートなタッチは見るものをその場所に引き込む力強さを持つ。真実を映画化することの力強さは勿論、その構成力により、共感を引き出し、見るものへ深い感動を与える。前2作がマーク・ウォルバーグを主演とし英雄的に動かしたが、今作は彼を抑え目にし、狂言回しとし群像劇としたことがより、深い感銘を与えてくれている。

被害者たち、追う警察官、犯人とそれぞれの爆発前からを描き、伏線とし、後半からラストにかけ回収することにより、人の狂気と愛と強さを畳み掛けてくる。この構成手法で全く逆の人の弱さを映し出した「ある戦慄」を思い出した。

又事実の重みと迫力を増す、差し込まれる実際の映像、実際の映像に近い監視カメラの様な映像。乾いた画像であるが故に緊迫感を盛り上げていく。爆発前後、犯人逃走から検挙に至るまでのシーンは白眉だ。

事実であるため、結果は分かっているものの、監督の力量と演者の熱演、不気味な音楽により、感情を揺さぶられ、目を離せない傑作に仕上がっている。是非これは見てほしい。

2017も終わろうとしているが、今年もテロ事件は止まない…。その憎悪と憎しみの連鎖は遥か昔に種をまかれ、今もその連鎖は止まることがない…。命の重みを説かない宗教などありはしないはずなのだが…。

追記
置き去りにされた遺体、その前に立たざる得ない警察官の怒りと悲しみは幾許か…。名シーンと呼ぶには憚られるが、何よりも印象深い…。
実話を元にした映画として、非常にリアルに描かれていたと思う。
ボストンマラソンの爆発事件。またテロが起こったなあという温度でしか感じていなかったが、犯人逮捕までにこんな凄まじい攻防戦が繰り広げられていたことに驚きであった。
ただこの手の話は非常に難しい。もちろん人の命を奪う行為は絶対に許されることではない。しかしテロを起こすのも人間であるのと同時に、その憎悪を生み出しているのも人間なのである。「9.11はアメリカ政府が起こしたもの」や「シリアなどの国ではもっと多くの罪のない人が死んでいる」と言ったセリフも、同じように重く受け止めるべきである。

憎悪に勝てるのは愛であるというこの映画のメッセージは素晴らしかった。最後のシーンは涙が出てくるほど。
同じ事件を扱った「ボストン ストロング」も早く観たい。
lilly

lillyの感想・評価

4.5
主演のマークウォールバーグ大好きだったので視聴。


実際にあった事件を一つ一つ細やかに撮っているから、緊張感漂う作品だった。


ただ、血は勘弁、
ShunAkaza

ShunAkazaの感想・評価

3.6
"悪魔が襲って来たら反撃する武器は1つしかない。愛です。悪魔に愛は奪えない。
互いに抱き合って愛の力で戦うんです。
そうすれば悪に負けたりしない。"

"ボストンよ 強くあれ"
サケ

サケの感想・評価

4.0
ニュースでも観た話なので、ずっと気になっていた。
映画の中で頻繁に使われる防犯カメラの実際の映像がとても良かった。
エンディングで、テロの被害にあったランナーがマラソンに再出場するシーンは涙が出る。
ひで

ひでの感想・評価

4.6
あなたは"テロ"を遠い国の事だと聞き流していませんか?いつか日本でも起こるであろうテロを他人事と思っていませんか?それはとても愚かな事で、3.11の津波と同じことだと言えます。いま現場でなにが起こっているのか、この映画で少しでも学ぶべきです。事件に忠実かつ、スリリングな内容は映画としてもトップクラスでした。
ごだ

ごだの感想・評価

3.8
監視カメラがリアルを感じる
当時、ニュースでボストンマラソン会場での爆発の映像を見ましたが、テロの恐怖をまざまざと見せつけられました…

テロというのは無差別に命を奪う卑劣な行為ですけど、テロを起こした人間からすれば正しい行いなんだよな… そんな人が世界にいると思うと本当怖いです。

テロ犯2人組の往生際の悪さも凄まじく、警官とも彼処まで銃撃戦を繰り広げていたのですね。

時折、当時の映像も使われており生々しさも感じられましたね。

マーク・ウォールバーグ主演作品はどうも苦手なのですが… 今作は良かったです(^^)
アノン

アノンの感想・評価

4.1
まじで恥ずかしくて死にたいんだけど、このテロのことを全く覚えてない。
さすがに当時は中2だったからニュースもちゃんと見てたはずなんだけど…
ただただ恥なんでこれについては黙ります。

これは2013年4月のボストンマラソンで実際に起こった爆破テロについて描いた作品。

怖い怖すぎる。
私もマラソンを沿道で見たことあるけど、あんなにたくさんの人に混じって爆弾を持った犯人がいたとしても全く気付けないし、気付いたとしても爆発して被害者が出た後。

この映画は主演のマーク・ウォールバーグだけじゃなくて、様々な人の目線で物語が進むから分かりやすい。
警官や被害者、犯人。

犯人の逃亡劇が大胆でハラハラした。
誰も乗ってない車盗むのは分かるけど、わざわざ人が乗ってる車に相乗りしちゃうんだね。しかも運転手まで拉致して。
あの中国人男性の勇気、計り知れない。

しかもあの白帽子の弟が19歳だったことにめちゃくちゃ驚きだった。同い年でテロか…

最後のエンドロール直前の実際に被害にあった人たちのインタビューがこの映画の全てを語っている。

全ては愛。
>|