パトリオット・デイの作品情報・感想・評価

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

Zero

Zeroの感想・評価

3.9
「今日俺がみたのは、善と悪、そして愛と憎しみの戦いだ。”愛”こそがそれに戦い向かうための唯一の武器なんだ。」
AVENTURiER

AVENTURiERの感想・評価

3.3
ボストンマラソンのテロ、犯人はスピード逮捕だったように記憶してましたが、警察やFBIがこんなに大変な中で多くの犠牲の上逮捕していた事を知れてよかった。

テロで犠牲になった人々の、テロ前の何気ない日常が描いてあるので、テロが起きた直後の混乱の中での姿との落差が余計にテロの凄惨さと、罪深さを訴えかけてきました。
そして、まだ危険があるかも知れない状況でも、倒れた人々を助けようとする警察官や街の人の姿を見て、果たして自分に同じ事が出来るか自信がありません。

卑劣なテロに屈しないというボストンの人々の勇気と繋がりが感動的ですが、その繋がりからこぼれてしまった犯人達の心情を描いた映画も見てみたいです。
yuki

yukiの感想・評価

3.0
2018年44本目
ボストンマラソンテロのちょい前から解決?まで。防犯カメラ多いし映画化しようと思うのもわからんではないけどFBIとボストン警察へのご褒美?
AiSonobe

AiSonobeの感想・評価

3.6
愛は悪に勝つ。ボストン、強くあれ。
aloniatree

aloniatreeの感想・評価

3.8
WOWOWにて。

こういうのはそんなに面白くないんだろうけど、一応観とくか的に見始めたんですが(笑)なかなかどうして最後にはなんだか感動してウルッときました!(笑)

後半の住宅街の銃撃戦が凄かった!
戦争?っていうくらい激しく、
あれを家の前で実際にやられてたのか?と思うともう驚きのひとことでした。

アメリカって嫌なことや酷いなと思う事が山ほどある反面、辛い出来事の後の一致団結して前向きに生きて行こうと励まして行こうとする良い面と両極端だなと思うけど、良い面は羨ましくもあり、なんかよい映画でした!
編集も脚本も良かったからですかね?
映画はそれが一番ですけどね(笑)
kumi

kumiの感想・評価

3.3
実話。2013年のボストンマラソン爆弾テロ事件の
裏で何があったのか、を初めて知った。

FBIや警察、政府機関が
まるっと逮捕したかと思っていたら、
一番のきっかけは途中車とともに拉致された
中国人ダン・マンが隙をみて逃走し通報したこととは。

あのままじっとしていたらニューヨークでも
大惨事が、、とぞっとした
眠り猫

眠り猫の感想・評価

3.7
銃撃戦のシーンが真っ暗闇でわけわかめ。
>|