パトリオット・デイの作品情報・感想・評価

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

3.0
①うわ、この監督の作品5本も観てたわ(全然知らんけど)
②これはあれやね、この事件のFBI陰謀説を打ち消して欲しいという政府筋からのオファーがハリウッドに来たんやな
③嫁役のミシェル・モナハン、相変わらず綺麗な〜
④この監督、最近マーク・ウォールバーグばっか使うてるな〜(出来てるんちゃうの)
MININI

MININIの感想・評価

4.0
やっと観た Patriots Day◎
実際に2013年、あの場所でマラソンを見ていました。

”愛に勝るものはない”
悲劇に負けず、ひとつになって立ち上がっていくBostonにいて感じたこと。それが映画の中でリアルに描かれていてじーーん。レース中のわくわく、爆発が起きてからの恐怖、悲しみ、怒り、事件に負けない街の強さと愛、そして今生きている奇跡。実際に感じたひとつひとつの感情がそれぞれの場面で込み上げてきた。自分が体感して学んだ大切なことを思い出させてくれる特別な映画になりました。
Bostonは愛に溢れた強い街 ♥️
またいつか、絶対にいく!✈️
Watson

Watsonの感想・評価

3.8
実話であるボストンマラソンで起こった爆発事件を原作にした映画。この事件についてニュースでしか知らなかったが、まさかの展開でした。この事を忘れてはいけないし、悪は必ずしも善には勝てないということですね。事件後の国民の生活を見て、困難な状況でもそれを乗り越える姿に感動しました。
TAMNEGI

TAMNEGIの感想・評価

4.0
すごくよかった
日本はこんなに勇敢に戦えるのか考えた
おけい

おけいの感想・評価

3.9
過去の鑑賞記録
apple

appleの感想・評価

3.6
「街」が主人公の映画です。
二人の卑怯な爆弾魔と彼らと対峙した人々の姿に感動です。
「最後には愛が勝つ」なんて、ありきたりな話のはずなのに、この作品は多少強引であるけれど、素晴らしくそれを描いてました。
NaitoMami

NaitoMamiの感想・評価

4.0
マーク・ウォルバーグの、絶対に犯人をつかまえるんだという気迫がにじみでた表情は演技とは思えないほど真に迫っていた。
子どもの遺体のそばに立ち続ける警官の表情も忘れられない。遺体が運ばれていくときに敬礼する姿にも心打たれた。

悪は、愛を奪えない。
ニュースで見た気はしたけどこんなに深くは知らなかった。
最後はウルってしまった。
>|