パトリオット・デイの作品情報・感想・評価

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

Masa

Masaの感想・評価

3.5
2013年ボストンマラソンでの爆破テロを映画化した実話です。実際の映像をうまく取り入れていて,緊迫感が増しています。
最初の部分では,様々な人々の日常が淡々と紹介されるばかりで,退屈してしまうが,事件発生後からは,その人達と事件との関係が分かってくるので,感情移入して,その後の展開が気になってくる。エンドロール直前には,本人達が登場してインタビューに答えているので,この映画が色々な人達の話に基づいて,忠実に作られていることが想像できる。
爆破後の悲惨な現場の映像や感動的なストーリー展開は,さすがハリウッドの仕事である。
恭介

恭介の感想・評価

3.7
ローン・サバイバー
バーニング・オーシャン

バーグ&ウォルバーグの
ダブルバーガーコンビ実録路線三部作の1本

なんか、フランチャイズレストランの
メニューのように安定した質の作品を送り出すこのコンビ。

以前、バーニング・オーシャンの
レヴューでも触れたが、内容的には
共通点が多い3作。

主人公は特殊能力とかない普通の人
突然、降りかかる異常事態
限られた時間に奔走する姿
社会派の側面ももつ出来事
仲間を大事にする
悲しい出来事

事実は小説よりも奇なり、な話を
テンポよくそつなく魅せてくれる
バーグ監督。
毎回、満身創痍な実在のキャラクターを
熱演してくれるウォルバーグ。
いいコンビだ。

本作に関しては割と最近の
大きな悲劇であるにも関わらず、自分の
勉強不足で、爆破テロのその後を
全く知らなかったからそんな出来事が
あったのかっ、と驚いた。

しかも閑静な住宅街のど真ん中であんな
激しい銃撃戦を繰り広げ、スピード展開で犯人確保をしていたとは。

ハイテク機器をいくら導入しても、最終的にはそれを使う捜査員の洞察力、根気、執念などのマン・パワーが一致団結しないと
解決しない。
その点は素直に、アメリカってすげぇなぁと思わされる。

しかし何故、アメリカがテロに脅かされているのか?何故、罪のない一般人が巻き込まれるのか?この手の実録路線映画は表面上のアメリカは負けないっ!というメッセージと同時に、根深くて暗い闇も見えてきてしまうのと、実際に犠牲者がでているので感動と同時に何とも言えない感情も湧いてきてしまう。

あと、最近特に思う事だが、テロ行為防止にかける労力と予算。せめて同じぐらい銃規制に対しても注いで欲しい。

これ以上、現状のまま放っておくと、罪のない人々の命が奪われるのを見たくないのは勿論だとして、このままいけば近い将来アメリカ映画から、銃をバンバンぶっ放す、くだらなくて愛おしい映画が消えていきそうで怖い。
KAORI

KAORIの感想・評価

3.6
#まちゃお802
紙一重の一線を越えるか越えないかは愛次第。誰もあんな大惨事にまさか自分が巻き込まれるとは思わず日々を過ごすけど、どこで何が起こり、どんな目に遭うかわからない。逆もしかり、どんな行動を起こすかわからない。そこから立ち上がるのに愛が必要。またその行動を起こしてしまうまでに、愛で救ってくれる人がいなかったのか。愛の力は図り知れず、そして強いことを見せつけられる、This is American movie な一作。
linsun

linsunの感想・評価

4.3
事実に基づく物語。3割ほどは脚色とのこと。
主人公は実在の人物ではなく、何人かをまとめたキャラクターらしい。なるほど、常に中心にいた訳がわかりました。

マークウォールバーグってこういうアツい役がハマるんだよなあ。
minekiti

minekitiの感想・評価

3.0
普通に楽しめた。
あまりの強度に唖然。強い映画。
あらゆる人種、世代が一丸となってユナイトしていく様をまるで嫌味も無理もなくここまで描けるものか、と。

カメラは荒いが編集の巧みさが完全にカバーしている、と思う。

レッドソックスの出てくる作品にバズれなし。
FR

FRの感想・評価

3.8
実話ベースの作品なので地味だろうなと思いつつ観たが、なかなかどうして面白かった。
事件が起きるまでは多少ダルいが警察とFBIの捜査が始まってからは、ハラハラドキドキの連続だった。
私の場合はこの作品には実際の映像の差し込みはいらなかったかも。

あとロブスターはいい加減にしろ
かわせ

かわせの感想・評価

3.0
ボストン爆破事件の実話をテーマにしているため、心が痛むシーンが多かった。
それだけよく描かれていると思うし、ボストンの住民の団結力は凄いと感じられた。
紅孔雀

紅孔雀の感想・評価

4.0
P.バーグ&M.ウォルバーグのゴールデンコンビが放つ実録シリーズ第3弾。なおこのコンビ、一部ではWバーグと呼ばれているそうな(©️naitoさん)。
正直、爆発が起こるまでの冒頭部分はちと退屈。しかし、事件が起こってからの現場の臨場感、迅速な捜査体制構築、スリリングな追跡劇など、その緊迫感溢れる画面に惹きつけられました。
一方的にアメリカを礼賛し過ぎ、との批判もありますが、テロに立ち向かうボストン市民の勇気には素直に感動させられました。やはり、事実は(そしてアメリカも)強い!
なお、名優たち(J.グッドマン、J.K.シモンズ、K.ベーコンなど)の抑えた演技も見事でしたが、私的には主人公の妻役M.モナハンに一票。M:IでのT.クルーズの奥さん役は荷が重い感じでしたが、本作では輝いて見えました。スパイの妻より警官の妻の方がしっくり来るんでしょうかねぇ。
こんなんやだね
>|