パトリオット・デイの作品情報・感想・評価

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

Masa

Masaの感想・評価

3.5
2013年ボストンマラソンでの爆破テロを映画化した実話です。実際の映像をうまく取り入れていて,緊迫感が増しています。
最初の部分では,様々な人々の日常が淡々と紹介されるばかりで,退屈してしまうが,事件発生後からは,その人達と事件との関係が分かってくるので,感情移入して,その後の展開が気になってくる。エンドロール直前には,本人達が登場してインタビューに答えているので,この映画が色々な人達の話に基づいて,忠実に作られていることが想像できる。
爆破後の悲惨な現場の映像や感動的なストーリー展開は,さすがハリウッドの仕事である。
miharu

miharuの感想・評価

4.1
犯人逮捕までにこんなことがあったなんて知らなかった
実際の映像とか、被害者へのインタビューとか事実なんだなって改めて思った
事件は怖いと思ったけど、ボストンの人たちの強さも感じた
はじめて知ることができた当時の事実。
常に攻撃の対象となっているアメリカの危機感とそれに立ち向かう情熱。
アメリカの力強さを感じれる実話
サンボ

サンボの感想・評価

4.0
映画館で見たけど、特に最後のシーンで人の強さを感じることができるし、事件を経験した方々のインタビューもいい。
temmacho

temmachoの感想・評価

3.7
記憶に新しい、ボストンマラソンでの爆破テロ事件。

そのせいか、地元では賛否両論らしいですね。
ドキュメントではない脚色が、被害者の気持ちを複雑にさせてしまう。
ショー

ショーの感想・評価

3.7
これが実話だからすごい。個人的には犯人側が言っている話にも興味でた。
逮捕までにここまでの出来事があったとは当然知らず。事実は恐ろしい。
一つのテロを
様々な人の視点で描かれていた

アメリカの力って感じの映画
ak

akの感想・評価

3.8
さすがアメリカ。特定はやっ!
アメリカ映画なのに、マニーとの3人での車の会話とか🧕生き方とか町封鎖とかまじか。の連続。最後のシーンあれが自分ちの庭だと思ったらやばすぎ。実話だといろい想像しちゃう。
>|