パトリオット・デイの作品情報・感想・評価

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

TOY

TOYの感想・評価

3.5
2018年 19本目

ボストンマラソンで起きたテロ事件を描いたドキュメンタリー映画。

ラスト涙でた… 。

事件解決までの間に色々な事があったんだと驚いた…
しかし、それらの内容を実際のカメラ映像も交えながら、飽きさせずにラストまで持っていくのは流石です。

ボストン市民の強さ、愛の強さに感動しました。
花子

花子の感想・評価

3.8
「権利がある」
「あなたにはない」
うー

うーの感想・評価

3.7
事件当時、連日のニュースは記憶に残っていたが、その日どんな人々が、どのように事件に巻き込まれ、事件がどのような結末を迎えたのか、この映画を見るまで知ることがなかったであろう事を映像として知ることが出来た。映画は凄いなと改めて思った。
Newman

Newmanの感想・評価

3.8
ボストンマラソンでテロ事件があったことと、犯人があっという間に捕まったことだけは良く記憶していました。本当に正しいことをしていると思って行動しているイスラム教徒の凶暴さは観ていて気持ちが悪くなるほどでした。日本にも、過去に同様の天皇の名のもと日本のためにと死んで行ったたくさんの人たちがいたことを思い起こさせました。「事実に基づく」という表示はなかったように思うのに、映画の最後に実際に被害にあった人たちが出ていて、事実に基づくのかどっちなのと悩んでいます。最後の方の銃撃戦、爆弾戦の部分が映画にするのに派手な演出が必要だったから事実に基づくとはしていないのでしょうか?少し調べてから、この投稿を修正しようと思います。でも、何故犯人がすぐに捕まった理由は分かりました。監視カメラの映像をたくさん集めて動きのおかしい人間を特定したんですね。ここは真実なのでしょう。私が犯人なら、周りの人間の動きと同化しようと考えたかなと、映画を観た後ですが考えました。
ボストンマラソンで
テロがあって、
若者二人が逮捕された。
結構早くに捕まったんだな。ってことと
防犯ビデオに写ってたんだな。くらいの印象しかなかったけど

ほんとは
こんな大変な事件だったんだと
驚いたし、知らなかった、知ろうとしなかった自分が恥ずかしい。

映画自体も、
淡々と進んでいくものの事件発生から
犯人逮捕までの緊迫感がすごくて
まばたきするの忘れて、
目が乾いて涙がポロポロ。

いやー、
すごかった。
かりん

かりんの感想・評価

4.0
記録 ラスト、スタジアム~エンドロール
で号泣
Shinichi

Shinichiの感想・評価

5.0
言葉がでない。
2018年5月20日
WOWOWでリアルタイムで見ました。

ボストンのテロ事件の作品です。
ゲビン・ベーコン久しぶりに見ました。
内容から、少し?所もありましたが、
面白かった。
テロ。FBIと警察が捜査する。ただそれだけ。中身がない。意味がない。精神面、心理面、人間の心が描かれていない。タイトルを日本語に訳すと愛国者の日。アメリカ人は喜ぶでしょう。アメリカに祝福あれ!?拒否反応が。。。
>|