パトリオット・デイの作品情報・感想・評価

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

TOY

TOYの感想・評価

3.5
2018年 19本目

ボストンマラソンで起きたテロ事件を描いたドキュメンタリー映画。

ラスト涙でた… 。

事件解決までの間に色々な事があったんだと驚いた…
しかし、それらの内容を実際のカメラ映像も交えながら、飽きさせずにラストまで持っていくのは流石です。

ボストン市民の強さ、愛の強さに感動しました。
NaitoMami

NaitoMamiの感想・評価

4.0
マーク・ウォルバーグの、絶対に犯人をつかまえるんだという気迫がにじみでた表情は演技とは思えないほど真に迫っていた。
子どもの遺体のそばに立ち続ける警官の表情も忘れられない。遺体が運ばれていくときに敬礼する姿にも心打たれた。

悪は、愛を奪えない。
ニュースで見た気はしたけどこんなに深くは知らなかった。
最後はウルってしまった。
iko

ikoの感想・評価

4.2
実話がベースでここまで魅せてくれる映画はなかなかない。7割が真実で3割をとのこと。悲惨なテロを題材にしているけど、被害者への冥福はもちろん、捜査関係者への敬意がしっかりとされた映画。
やめ

やめの感想・評価

3.6
実話だと知らずに観はじめた作品。
2013年のボストンでこんなことがあったなんて知らなかった。
なんで犯人はこんなことをしたんだろう…。
mochimi

mochimiの感想・評価

3.7
報道写真展に行ったときも思ったのだけど

特に9.11以降、あの規模でないとニュースに取り上げられる期間も短く回数ももちろん少なくて、そうなるとどれくらいの事件だったのかがあまり入ってこないことがある。

まさにそのパターンで、個人的にあまりはっきりと記憶にはない事件なんだけど映画を見て、その悲惨さに驚きました。

あんな逮捕劇まであったとは。。

と感じたり知ったりすることも大事かなということで見て良かった。

しかしマーク・ウォールバーグさんがわたしの中でトム・クルーズ化してきている。
この人のマイナス役が記憶にない。
emi

emiの感想・評価

4.0
実話なのでとても悲しい内容でしたが見てよかったと思える映画でした。こういった事件に巻き込まれる事は、生きている限り人ごとではないと思い知らされます。人々の目線を丁寧に描かれています。
み

みの感想・評価

4.0
すごい24(ドラマ)に似てるなあと思って観ていた。
これが実話だと思うと怖い。
不謹慎ではあるが、面白い映画だった。
>|