パトリオット・デイの作品情報・感想・評価

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

asuka

asukaの感想・評価

4.3
これ、実話なんすか。マジか…!ってなった。
知らなかったことを知ることができた。
どうしても平和ボケしてるけど、いつ自分の身の周りで起こるかわからないテロ事件。
その犯人を追う姿に臨場感を感じ、手に汗握った。
delsol7

delsol7の感想・評価

3.9
価値観の違う相手との在り方について、考えさせられる。互いに、傷の浅い歩み寄りって大事。
不幸な事故に合った人、幼くして奪われた命、巻き込まれた市民、犯人の心理、追い詰められた犯罪者、とてもリアルでドキドキしました。
まぁみ

まぁみの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ボストンマラソン爆発テロ事件。
パッケージを見て鑑賞しました。
まさかあの事件を題材にした作品
とは知らずにレンタルしました。
冒頭からすぐに『ん?もしかして』
と思いました。
ブラウン管越しでの大きなニュース
でしたが、多少の脚色はあるとは
思いますが、事件の裏側でこんなにも
勇敢に立ち向かい闘い続けた
ニュースでは知り得れなかった
事実に驚愕しました。
普通のアクションと違うのは、
事実であるからこそ上手くいかずに
奮闘する正義を持つ人達は勇者
そのものだと思いました。
多くの犠牲の下に闘い続けた多くの
人々を忘れない為に・・・。
この作品は素晴らしいと思います。
『ボストンよ強くあれ』
ラストの本人映像に涙でした。
mi

miの感想・評価

3.2
昨今 もうテロも 遠い国の話ではなくなってきた。
絶対に安全な場所なんて ない。

色んなことに絶望を感じた映画。
LUKEN

LUKENの感想・評価

3.6
2013年に起こったボストンマラソン爆破テロ事件を元にした映画

実話なので映画としての盛り上がりには欠けるけど本当に考えされられます。

実際の映像も絡めててリアリティがあり良かったです!
2018.06.21…(66)
テロはいかん

思想の違いは恐ろしすぎる
あ

あの感想・評価

3.2
テロ怖すぎ
仁

仁の感想・評価

2.8
記録
2018.06.18
>|