パトリオット・デイの作品情報・感想・評価・動画配信

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

マークウォールバーグかっこよ過ぎ問題は、21世紀の未解決問題に数えられるべきだと思います。

事実ベースの映画として、心にくる物があります。アメリカという国、1番強い国である代償として国民が傷付けられているという事実には人間として考えるべき課題があると思わされますね。

それにしてもマークウォールバーグが...

かっこいい...
田

田の感想・評価

4.3
なんてこった
吹替版鑑賞
愛国者の日

【舞台】アメリカ:マサチューセッツ州;ボストン

2013年に起こったボストンマラソン爆弾テロ事件の話。事件が起こるまでと、犯人確保までの出来事を描く。そのため、警察や一般人どのように対処したかが話の中心で、犯人たちのことはあまりよくわからない。難民としてアメリカにやってきたチェチェン人移民だったらしい。この事件の後、犯行に使われた圧力鍋が日本でも話題になっていたのを思い出す。

かなり細かく描かれているので、事件の全貌を知るのに十分な内容になっている。ただ「愛の力が奇跡を起こした」というメッセージを強調されるので、少し感動を押し付けられた感じがする。
takaukai

takaukaiの感想・評価

4.0
ボストンマラソンテロの実話

実話重いイメージやけど、
アクション多めであんまり重くない
ぶみ

ぶみの感想・評価

4.0
2013年に起こったボストンマラソンテロ事件を描いた『ボストン・ストロング』を原作とし、ピーター・バーグ監督、マーク・ウォールバーグ主演により映像化したサスペンス。
ボストンマラソンテロ事件において会場を警備していた刑事や、捜査にあたるFBI等の姿を描く。
主人公となるボストン市警の刑事をウォールバーグが演じているほか、FBIの特別捜査官をケヴィン・ベーコン、警視総監をジョン・グッドマン、ベテラン警官をJ・K・シモンズ、主人公の妻をミシェル・モナハンと、豪華キャストが勢揃い。
何より、爆発の瞬間を再現した現場の映像は、実際の映像とも重なり、緊張感、臨場感が半端なく、あたかも自分も現場にいるかのような感覚に襲われるもの。
その後は、着実に犯人を突き止めていくFBIやボストン市警と、逃走する犯人の姿が映し出されいくが、その展開も実話ベースでありながら、サスペンスフル。
追う側も追われる側も丁寧に描かれ、終始漂う緊張感に手に汗握るとともに、史実を伝える伝記映画としても一級品と言える良作。

我々は月曜の出来事を許さない。
TRB

TRBの感想・評価

3.8
2013年ボストンマラソンで起きたテロを題材にしたクライムサスペンス


マラソンのゴール直前、観客席で起きた爆破

現場は砂塵と負傷者の声で騒然となる

混乱の最中、事態の対処にあたる殺人課の刑事トミー

現場の指揮にあたるFBI捜査官は犯行をテロと断定

監視カメラに映る白い帽子と黒い帽子の男を追っていく

犯行の起きた4月の第3月曜日は
「パトリオット・デイ」愛国者の日だった


ピーター・バーグとマーク・ウォールバーグのコンビ
面白い

当時のニュースでも結構な騒ぎになったので覚えている事件

ボストンマラソンの朝、テロで犠牲になる人の日常を描いてからの爆破テロなので、現場の痛々しさがたまらない

特に亡くなった子供の傍で立つ警官の印象が余りに鮮烈

心臓をギュッとされた気分

事件当時は無線で状況説明や指示、救護活動に尽力するトミーだが、家に戻り緊張の糸が途切れた瞬間など、感情の揺さぶりがシーンによく反映されているのは流石と言ったところ

特定からの捜査陣営の素早い対応や、犯人の無計画な動きから広がる被害などスピード感があり飽きさせない

逃げた中国人の勇気はスゴイ

市街戦となった銃撃戦も臨場感があり手に汗握る展開

奥さんの尋問で出てきた人たちが気になる
実際もあんな風なのだろうか
モノスゴイ圧力を感じた

なんといってもラストに流れる事件当時の捜査関係者と被害者の映像

テロに屈しない、逆境を乗り越えた強さに感動する

無差別に人を狙う最低のテロリズムと戦った真実の作品。

ケビン・ベーコンと6次のつながりってあったけど

マーク・ウォールバーグもそれぐらい行くんじゃないか?

って思うぐらい出演作品が伸びている気がする
司

司の感想・評価

4.0
ボストンマラソンで実際に起きたテロの話。 犯人を追い詰める時の緊迫したシーンに実際の防カメの映画と一瞬も目を離せなかった。人間って強いんだと改めて思った。
Fuu

Fuuの感想・評価

3.9
実話系。
ボストンマラソンでのテロ。

爆発後に車椅子で助け出された男性の足がなく、その映像を鮮明に覚えていた。

実際の防犯カメラの映像がふんだんに使われていて、勿論犯人も映っているから映画として見るのとは違う怖さがある。
こんなテロは防ぎようないんじゃないかな…と失望もした。
>|